佐宗邦皇, ベンジャミン・フルフォード, 木村愛二, リチャード・コシミズ, きくちゆみ, 中丸薫, 9.11, イベント, 2006年

ワールドフォーラム2006年12月【9.11真相シンポジウム】 9.11事件の真相とその歴史的な意味の深層に迫る!!  ワールドフォーラム12月『9.11事件』特別シンポジウムでは、2001年9月11日に米国で起こった謎の極悪犯罪の9.11事件について、この事件の真相追 ...

佐宗邦皇, 平野貞夫, イベント, 2006年

ワールド・フォーラム11月例会では、戦後日本の保守政治の中枢でその動きを詳らかに観察して、「ロッキード事件「葬られた真実」」(講談社)等六冊の貴重な証言を満載した近著を出版し、政治の戦後史の真相を暴露した前参議院議員で、政治評論家 平野 貞夫 氏をお招きしました。氏は、 ...

仙経顕聖, イベント, 2006年

  ワールド・フォーラム10月例会では、1970年代に一時代を風靡して田中角栄氏の内閣総理大臣就任して以来、田中内閣の政策の柱となった「日本列島改造論」を意識して書かれた「新日本列島大改造の実践に向けて」(碧天舎)という著書を出された 列島改造連絡協議会代表  ...

傳田文夫, イベント, 2006年

ワールド・フォーラム9月例会では、久しぶりに、人間の身体を科学する聴覚の専門家をお招きして、日本人の聴覚の能力には、日本語の言語としての特性が大きく作用しているが故の音楽や外国語習得能力の欠陥だという分析・解説して下さる、聴覚トレーニングの専門家の傳田文夫氏に聴覚の問題 ...

リチャード・コシミズ, 菅沼光弘, イベント, 2006年

ワールド・フォーラム8月例会では、米国と日本で起きた謎の極悪犯罪の9.11事件とオウム事件につき、事件の真相の分析を、元政府高官と在野の2人の優れた公安・情報のスペシャリストをお招きし分析・解説して戴きました。元公安調査庁調査第二部長 菅沼 光弘 氏とサイト運営者 リチ ...

水野隆徳, イベント, 2006年

   ワールド・フォーラム7月例会では、国際エコノミスト・富士常葉大学学長・水野塾塾長 水野 隆徳 氏をお招きして、「 世界経済の劇変 & わが国はいかに対応すべきか? -イラン核危機 と 世界経済の動向- 」 というテーマでお話戴きました。  米国では、今年 ...

小林興起, イベント, 2006年

『これからもアメリカに貢ぎ続ける日本でよいのか?』 -新党日本と日本の行く末- 新党日本 代表代行 前衆議院議員 小林興起 氏  ワールド・フォーラム5月例会では、 新党日本代表代行 前衆議院議員 小林 興起 氏 をお招きして、最近の日本国内外の政治情勢と昨年911に行 ...

橋爪文, イベント, 2006年

反核平和海外ひとり行脚と国際連帯 -今、改めて反核平和を訴える!- 日本ペンクラブ&詩人クラブ会員  橋爪 文 氏 ワールド・フォーラム4月例会では、 イランの核問題にかかわる国際的な制裁措置が緊迫した国際情勢の危機を生み出しつつある昨今、イランの核施設をイスラエル・米 ...

船瀬俊介, 佐宗邦皇, イベント, 2006年

ワールド・フォーラム3月例会では、当会ではお馴染みの地球環境問題・医療問題評論家 船瀬 俊介 氏をお招きして、ガン治療に於いて治療と称して多用されている抗ガン剤を初めとする主要の3大治療療法の外科手術による切除・制ガン剤の化学療法・放射線療法の実態とその効果の裏の真実や ...

木村愛二, イベント, 2006年

ワールド・フォーラム2月例会では、現代史の原点ともいうべき、パレスチナ問題の出発点にあるのに、どのジャーナリズムも触れたがらないタブーとなっているホロコーストについて議論する機会と致したく、この分野では日本の第一人者であり、当会ではお馴染みの大変に優れたジャーナリストの ...

南出喜久治, イベント, 2006年

   2006年の最初のワールド・フォーラム1月例会では、天皇制の制度の根幹に関わる「女帝問題」を考え、天皇制の本質を議論致しました。 現行の皇室典範や憲法をどう考え、基本法たるべき憲法はいかにあるべきかについての議論を、憲法学ではその独特の「日本国憲法無効論 ...