船瀬俊介氏 『クスリは飲んではいけない!? アメリカ食は早死にする』ワールドフォーラム2010年6月

2010年6月 船瀬俊介氏『 クスリは飲んではいけない!? アメリカ食は早死にする 』 

薬剤医療と食産業の虚妄を鋭くえぐった新刊を著者が語る!

― ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい ―

  ワールド・フォーラム6月例会では、 地球環境・医療問題評論家の船瀬俊介氏をお招きし、今年の4月と5月に出版された最新著、「クスリは飲んではいけない!?」(徳間書店)、「アメリカ食は早死にする ―ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい」(花伝社) をテーマにご講演いただきました。

船瀬俊介氏 新著紹介

kusuri「クスリは飲んではいけない!?」(徳間書店)

日本人の99%は、耳を疑い、反発を覚えるでしょう。
「何を、馬鹿な!」
「クスリが病気を治すのに『飲むな』とはなにごとだ!」

これがおおかたの反応でしょう。しかし「クスリは飲んではいけない」 とは、わたしだけが言っているのではないのです。
「人間は、生まれながらにして自らの内に100人の名医を持っている。」
これは古代ギリシアの 医聖ヒポクラテスの箴言です。この「100人の名医」とは、自然治癒力に他なりません。そうして、医聖はこう諭しているのです。
「われわれ医師が行うぺきは、これら名医の手助けに他ならない。」 つまり、医師が行うべき努めとは、人体にもともと備わっている自然治癒力が最大限に働くように手助けすることである、 と喝破している。つまり患者の主治医は自然治癒力。医師はその助手にすぎないこれは、永遠不動の医学の真理であり王道です。 という免疫的な視点からのクスリ論となっている。本来、薬物は私達にとって毒物です。全ての人がクスリ信仰から解放されるために。知ってそうで、知られていない真実。

「クスリは飲んではいけない!?」 目次

第 1 章 「薬」で病気は治せない!
第 2 章   医療は9割の慢性病に無力
第 3 章   飲むほど悪化する「胃腸薬」
第 4 章   「風邪グスリ」は飲むな!
第 5 章   「インフルエンザの落とし穴」
第 6 章   「痛みどめ」は悪魔の薬
第 7 章   「ステロイド」薬漬け地獄
第 8 章   頭痛の原因は「頭痛薬」!
第 9 章    「睡眠薬」を飲んで中毒、犯罪へ
第10章   「抗うつ剤」で自殺とは!!
第11章  ガン検診、「抗ガン剤」で殺される
第12章  メタボにだまされ薬漬け
第13章   「アトピー薬」で悪化する
第14章   「便秘薬」で慢性便秘に!
第15章     “薬漬け”から自然療法へ!


kusuri「アメリカ食は早死にする ハンバーガー・フライドチキンはおやめなさい」(花伝社)

日本人の「からだ」と 「こころ」が壊れていく…
「和食」こそ超ヘルシー。アメリカに餌付けされた「食民地」ニッポン。

和食主義、そしてその先の菜食主義は、あなたの命と、他者の命、地球の命をも救う- 。アメリカ型食生活のまちがい、最大の発ガン物質といえる動物たんぱく質、偽りの栄養学などについて解説する。

アメリカ食は早死にする 目次

第1章 人の日本体は警告する―いま、なにが起こっているか?
「食民地」―アメリカに”餌付け”されたニッポン 病む超大国―”先進国”アメリカを襲う悲喜劇 )
第2章 「アメリカ型食生活は、まちがっていた!」
『マクガバン報告』 (『マクガバン報告』―米上院栄養問題・特別委員会リポート  食源病―なぜ、西洋医学は現代病に無力になったのか )

第3章 動物たんぱくは、最大発ガン物質!―
『チャイナ・スタディ』 の衝撃(大崩壊―ついに栄養学は完全崩壊した!正しく食べる―それが、あなたの命を救う(キャンベル博士))
第4章 偽りの栄養学―
“栄養学の父”フォイトの深き罪(肉食を絶賛 ―「肉を食え!」「炭水化物は食うな」…の狂気:兵士と家畜 ―それは「戦場の栄養学」「肥育の栄養学」だ
第5章 カタカナ食から、ひらがな食へ―和食の復権を!
(M委の絶賛―「和食は最も理想的な食事である!」食ピラミッド―米農務省が国民指導のために作成 )


ワールドフォーラム講演映像アーカイブ

【ダイジェスト版10分】船瀬俊介氏「アメリカ食は早死にする!近代栄養学は嘘八百だった!」

【ダイジェスト版10分】船瀬俊介先生『クスリは飲んではいけない!すべての人々がクスリ信仰から解放される為に!』

【全編動画】船瀬俊介氏『 クスリは飲んではいけない! アメリカ食は早死にする! 』(全2時間23分収録)

【DVD】船瀬俊介氏『 クスリは飲んではいけない! アメリカ食は早死にする! 』(全2時間23分収録)

DVD購入


日時 2010 年6月20日(日)18:30 ~ 21:30  講演+質疑応答
場所 北沢タウンホール 2階  第1,第2集会室(定員96名)東京都世田谷区北沢2-8-18
交通 小田急線&京王井の頭線「下北沢」南口 徒歩4分
地図 map 四谷区民ホール
参加費 当日一般 3,000円 (事前予約:2,000円)学生1,000円

 


講師プロフィール:船瀬 俊介(ふなせ しゅんすけ)氏

地球環境・医療問題評論家

1950年福岡県田川郡添田町生まれ。1969年田川高校卒業後、九州大学理学部入学。 1970年同大学中退して上京、1971年早稲田大学第一文学部 に入学。在学中は早稲田大学学生生活共同組合の消費者担当組織部員として 活躍。 学生常務理事として生協経営にも参加。事務局で 広報関係の仕事に従事、消費者運動に携わるきっかけとなる。日米学生会議に日本代表としても渡米、後に、米国の消費者運動の指導者 の ラルフ・ネーダー氏のグループや米国消費者同盟(CFA)を 歴訪し交流、日本のラルフ・ネーダーたらんと志を立てた。 1975年同大学第一文学部社会学科卒業。 日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加し、「 消費者レポート」 を発行するなど、消費者の啓蒙活動を行なった。1986年に退職して独立後には、消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行ない現在に到る。 この間1990年にはラルフ・ネーダー氏らの招待で渡米し、多彩な市民・環境団体と交流を深めた。主な著書には『 危ない化粧品』『 温暖化の衝撃―超食糧危機が来る』『 屋上緑化』『 買ってはいけない』『 コンクリート住宅は9年早死にする』『 まだ肉を食べているのですか?』『 抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ』『 知ってはいけない』『 メタボの暴走』 『 ケータイで脳しゅよう』『 巨大地震が原発を襲う』『 漆喰復活』『 奇跡の杉』など多数の著作がある。

船瀬俊介公式ホームページ  

 船瀬俊介氏 著書

 


PAGE TOP