一色正春(sengoku38)氏 x 池田整治氏 講演会「私が尖閣ビデオを流した本当の理由」

スポンサーリンク

2010年9月 一色正春(sengoku38)氏 x 池田整治氏 講演会

一色正春 尖閣ビデオ

「私が尖閣ビデオを流した本当の理由」

 

ワールドフォーラム2011年9月フライヤーワールドフォーラム9月は、元海上保安官で尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像をYouTubeへ最初に投稿した人物で、今年2月に著書「何かのために sengoku38の告白」を発表された一色正春氏をお招きし「私が尖閣ビデオを流した本当の理由」というテーマでご講演いただきました。

 

 

 

 

◆注目の池田整治氏が、至誠の講演・独占対談
「マインドコントロールを超えて未来へ!!」

講師:一色 正春 氏 元海上保安官・sengoku38投稿者

講師:池田 整治 氏(元自衛隊陸将補・作家)

 

著書「何かのために sengoku38の告白」のあとがき抜粋

世間では私のことを英雄であると持ち上げる人がいるようだが、私はそんな立派な人間ではない。むしろ立派な人間になりたいと思って生きているただの人間である。私がやったことに対して立派だとか、義挙だとか言う人がいるが、私はそうは思わない。日本国民として、ただ当たり前のことをやっただけのつもりである。そして、今回の事件について正しかったのか正しくなかったのかは、数え切れないくらい自問自答している。他の誰よりも。ただ、私は、今回の事件を起こさなかったら、おそらく一生後悔しただろう,そう考えれば、この先にどんな苦労が待っていても後悔しない人生を送れることの方が幸せであると考える。私は、今回の事件を起したのは、自分白身のためにではない。子供達の未来、日本という国、その他のいろいろなもののためである。国の借金も、他国に謝り続けるのも、我々の世代で終わりにしなければいけない。嘘や欺瞞が横行する世の中を変えていかなければいけない。それが、我々大人が次の世代に対して背負っている義務である。自分だけがよければいいという考えは、もう捨てよう。人間、自分のためだけに生きるのもいいが、何かのために生きるのはいいものである、できればこの本を読まれた皆さんも、明日から少しでも、そういう気持ちで生きていけば、何かが変わるかもしれない。

                               一色 正春

一色正春氏著書「何かのために sengoku38の告白」

一色正春 何かのために sengoku38の告白
【内容紹介】
sengoku38のハンドルネームでYouTubeに尖閣諸島での中国漁船と海上保安庁の巡視船の衝突ビデオを投稿した元・海上保安官。なぜ彼はビデオを公開しなければならなかったのか? 誰に、何を訴えたかったのか? いつ、どのように決意し、どうやって行動を起こしたのか……。ビデオを入手した様子から、政府が非公開を決定したときの驚愕、そして決意まで、全てを白日の下にさらす独占告白手記。

 

 

日時 2011年9月8日(木)18:30 ~ 21:00 (開場18:00)
懇親会 (会場変更) 炭火焼だいにんぐ わたみん家 下北沢店 21:30~
場所 北沢タウンホール 3階  ミーティングルーム(定員70名)東京都世田谷区北沢2-8-18
交通 小田急線&京王井の頭線「下北沢」南口 徒歩4分
地図 map 四谷区民ホール
参加費 当日  / 3,000円 事前予約/ 2,000円 学生/1,000円(要学生証)

満員御礼!多数のご来場ありがとうございました。

 

講師プロフィール:一色 正春(いっしき まさはる)氏 

元海上保安官,「sengoku38」投稿者

一色正春1967年京都市生まれ,国立富山商船高等専門学院卒業、,民間商船会勤務中、オイルタンカーやLPGタンカーに乗船し東南アジア、ペルシャ湾、北米、ヨーロッパ、アフリカ航路に従事する。その後民間金融会社、広告業を経て、1998年より海上保安庁勤務。2004年韓国語語学研修終了。以降、国際捜査官として勤務。2007年放送大学校卒業。2010年12月退官。在任中に長官表彰3回、本部長表彰4回受賞。2011年朝日新聞出版より「何かのために sengoku38の告白」を執筆。

 

講師プロフィール:池田 整治(いけだ せいじ)氏

元自衛隊陸将補,作家

池田 整治 氏

1955年愛媛県愛南町生まれ。 元陸上自衛隊小平学校 人事教育部長で陸将補(2010年12月に退官)。防衛大学校国際関係論卒業。 空手道8段、全日本実業団空手道連盟理事長。1990年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県 上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自に研究。 著書: 『心の旅路』新風舎/改訂版:新日本文芸協会:2011年1月発売 『マインドコントロール』2009年12月、『転生会議』2011年1月 『マインドコントロール2 ~今そこにある情報汚染~』2011年3月ビジネス社刊

池田整治【公式ホームページ】

船井幸雄.comコラム「21世紀ヤマトごころの部屋」(池田整治氏)


池田整治 氏 ご著書

マインドコントロール2

 

参考情報

尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件(Wikipedia)
尖閣諸島中国漁船衝突事件の発生時に海上保安庁石垣海上保安部が録画し、同庁および那覇地方検察庁が保管していたと思われる映像が海上保安官によってインターネット動画共有サイト「YouTube」に公開され流出した事件である。尖閣ビデオ流出事件とも呼ばれる。

元海上保安官、一色正春氏講演その1 Senkaku Japan


尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、
一色正春・元海上保安官の講演会が外国特派員協会で行われた。

中国漁船が海上保安庁巡視船に衝突の映像

スポンサーリンク