池田整治氏 緊急!講演会 「福島原発ではいま?」日本のターニングポイント!

 ワールドフォーラム緊急講演会

2011年4月 ワールドフォーラム4月緊急!講演会 池田整治氏

国家的非常事態発生、最悪のシナリオを回避し未来に向かうには

ワールドフォーラム4月緊急!講演会

WF201104池田整治氏写真

 3月11日、未曾有の大災害が起こってしまいました。 被災された皆さまに心からお見舞いを申し上げますとともに、 命を落とされた方々のご冥福を、深くお祈り申し上げます。

災害直後からのさまざまな身を挺しての救援・支援の広がりと 被災地の方々の懸命な復旧への尊い営みのなかで、 いまなお福島原発では予断を赦さない状況が続いています。最悪のシナリオを回避しようと過酷な現場で尽力されている方々。 大災害や復旧活動のなかで尊い命を落とされた方々に、 生き残った私たちが託された、未来の日本とは。

元自衛隊人事教育部長で、オウム真理教の上九一色村サティアンへの強制捜査に 自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を 独自研究してこられた池田整治氏を講師にお招きし、4月緊急!講演会を開催いたしました。

USTREAM 配信協力 social imagine
socialimage


ワールドフォーラム講演映像アーカイブ

【ダイジェスト版10分】池田整治氏「福島原発ではいま?」日本のターニングポイント!

【全編】池田整治氏「福島原発ではいま?日本のターニングポイント!」(全2時間13分収録)

【DVD】池田整治氏「福島原発ではいま?日本のターニングポイント!」(全2時間13分収録)

wf201110DVDmenu

DVD


プログラム

【プロローグ】 福島原発 最新情報
動画:小出裕章氏ラジオインタビュー4/8放送
資料提供 :(FM797京都三条ラジオカフェ)NPO京都コミュニティ放送
企画:NPO法人環境市民
CNIC原子力資料情報室
【 緊急講演 】 講師:池田 整冶 氏 (元陸将補・作家)
【 質疑応答 】 放射能汚染から身を守るには?他
陰山康成医師(高輪クリニック),池田整治氏

 

日時 2011年4月10日(日)13:30 ~ 16:00
場所 三茶しゃれなあど(世田谷区民会館別館)集会室オリオン(定員200名)世田谷区太子堂2-16-7
交通 東急田園都市線 三軒茶屋駅下車北口 徒歩1分
東急世田谷線 三軒茶屋駅下車 徒歩3分
地図 三茶しゃれなあどmap 三茶しゃれなあどおりおん
参加費 一般:2,000円   学生 : 1,000円(高校生以下・無料)

講師プロフィール:池田 整治(いけだ せいじ) 氏 

池田 整治 氏

1955年愛媛県愛南町生まれ。元陸上自衛隊小平学校 人事教育部長で陸将補(2010年12月に退官)。防衛大学校国際関係論卒業。 空手道8段、全日本実業団空手道連盟理事長。1990年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県 上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「本当の情勢」を独自に研究。 2009年12月の自衛官在任中に著書『マインドコントロール』(ビ ジネス社)を出版。北海道での単身赴任時代、太古から残る大自然に感動し、4人の子どもたちへ、万が一の場合、父の想いを残し伝えるためのエッセイ『心の ビタミン』(メルマガ)を始める。エッセイや写真は江戸の日本人が感じた『自然との一体感』をテーマにしたものが多い。著書に『心の旅路』(新風舎/改訂版:新日本文芸協会:2011年1月発売)もある。月刊『ザ・フナイ』(船井メディア発行)にもたびたび登場。2011年1月に新著書『転生会議』(ビジネス社)が発売。
2011年3月に『マインドコントロール2 ~今そこにある情報汚染~』(ビジネス社)を発売。大好評発売中。

池田整治【公式ホームページ】

船井幸雄.comコラム「21世紀ヤマトごころの部屋」(池田整治氏)


池田整治 氏 著書

マインドコントロール2

池田整冶氏インタビュー「21世紀の武士道とは?」 ダイジェスト版

池田整治氏インタビュー1/2「21世紀の武士道とは?」ダイジェスト(前段)10分

池田整治氏インタビュー2/2「21世紀の武士道とは?」ダイジェスト(後段)15分

池田整治氏新刊本『マインドコントロール2 ~今そこにある情報汚染~』

マインドコントロール2

~日本人家畜化計画が売国奴の手で進行中~ 子宮頸ガン予防ワクチンの異常なまでの宣伝、ホメオパシーバッシング、執拗に繰り返される原発繁栄論、二酸化炭素を悪者に仕立てた茶番劇、戦後から続く教育洗脳、日本は中華圏だと主張する赤色万歳論…「彼ら」にとって都合の悪いことは、私たちにとっての真実である。デビュー作を遥かに凌ぐ内容で真の日本人を覚醒する!

 

プロローグ

第一章 日本人を搾取する三つのエゴ資本主義
●エゴ資本主義には、黒、赤、そして白がある
●支配層のシナリオには有色人種の抹消が掲載
●日本民族を絶滅、あるいは絶対的支配下に置こうとする理由
●中国は国家レベルの「嘘・偽り集団」と化している
●世界で「最初で最後」の人情豊かな江戸社会はお手本
●西洋文明が江戸を模範としている事実を隠したい連中
●明治維新を否定した日本の文明・文化を再認識する
●大自然の中でヒマワリに呼びかけられた日
●言霊と日本本来の言葉の美しい響き
●伊万里焼を包んだ広告紙に衝撃を受けたパリ市民
●陰謀者である藤原氏はいかにして蘇我氏を滅ぼしたか
●桶狭間の戦いが「織田の奇襲」へと歪曲された背景 etc.
第二章 日常生活は情報と化学物質で汚染される
●化学添加物の普及は東京オリンピック前後から
●消費者を愚弄した花王の企業姿勢
●食品添加物の問題には日本社会の縮図が表れている
●コンクリート建築の家に最高賞が与えられた日
●ワクチン接種でガンを予防するという詐欺商法
●ガンは自然治癒力でしか治せない
●様々な毒を体外排出することに成功したホメオパシー
●ガン細胞は敵ではなく異物を取り除いてくれる存在 etc.
第三章 地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由
●天国と地獄を同時に味わった2010年5月
●原発は水さえ断てば空炊き釜の状態となる
●恐怖を与えられた後に希望を与えられる洗脳方程式
●どの電力を選ぶかが自由な欧州の先進諸国
●本当はタダでクリーンなエネルギーがいつでも手に入る etc.
第四章 教育洗脳と日本人劣化プロジェクト
●子供の代わりに親が謝罪するという情けない現状
●点数主義を刷り込むとマイナス思考に陥り、従順に労働する
●戦い方で次元が異なる武士道と現代軍隊
●戦後堕落した日本人を嘆いたアジア人の本音
●国家を滅ぼすには「歴史をなくす」ことが一番の近道 etc.
第五章 牙を剥く赤いエゴ資本主義国家
●中国が認めた地図を掲載した『週刊ポスト』の快挙
●教育やメディアの現場で洗脳にまい進する売国奴的日本人
●社会を一方的に統治する方法が二つある
●清戦争後に日本留学した知識人が学んだ文字の重要性
●金、女、名誉と、弱点に応じてトラップをかける etc.
第六章 暗躍する白いエゴ資本主義者と人類の次元進化
●世界中で活躍し、高い評価を受けている五井野正博士
●全身カビで覆われた白血病末期患者が劇的回復
●米国、ロシア、中国で特許を取ったものが日本で取れない不思議
●ロシア指導部の絶大な信頼を得た日本人
●70億人分の「意志ネットワーク」が地球の意思を形成
●高度プラズマ帯の中でも人類は生きて来た
●地球文明が次元進化することを手伝おうとする惑星間兄弟 etc.
エピローグ

『マインドコントロール2 ~今そこにある情報汚染~』
池田 整治著 ビジネス社刊(2011年3月発行) 1,680円(税込)


PAGE TOP