さくら通信【時事ブログ】第25回 6月3日号

スポンサーリンク


夏服の女学生が眩しい衣替えの候、皆さまにはご清祥にお過ごしのことと存じます。

6月に入り、会期末18日まで2週間余りを残すばかりの国会は、「森友・加計」や
「北朝鮮のミサイル」の影でさまざまな悪法が、やつぎ早やに成立。「共謀罪」
世論はもとより、国連人権委から日本政府に忠告が届くなど、内外の注目のまと。

トランプ大統領後の世界情勢変化で、日本のプレゼンスは高まってますが、
国会での亡国的法案 強行採決や、「国民主権・基本的人権・平和主義」の放棄
謳う「自民党改憲案」への日程をたたみかける流れは、末期的です。

国民の権利没収改憲ムービー 憲法改正誓いの儀式(2:32)
https://youtu.be/h9x2n5CKhn8

1990年代以来の『国際金融資本の罠にかかった日本』の経緯と 問題点は
国政担当者の永田町や、霞ヶ関のお歴々にさえ、全体像を共有されきらず、
「政・官/左・右」分断のままでは、抜本的対策や方向転換も、ままならず。

そんななかでも、前川前文科省事務次官や、政権の御用ジャーナリストの
性犯罪に顔をさらして訴える女性の勇気ある振る舞いに、
「正気を取り戻した」かのように、自民党内からの政権批判の声も上がり
始めています。

<転載>
報道特集のインタビューの最後に前川氏は、「我々は志を持って国家公務員に
なっている。全体の奉仕者として公僕として仕事がしたいと思っているが、
最近は一部の権力者の下僕になることを強いられることがあるような気がする」と。

党首の二重国籍問題にアキレス腱を抱える野党第一党など、
「政権批判しても、代わりの受け皿が見えない」状況下で続いてきた
「一強支配のツケ」なのか、ほころびが見え始めたようです。

仮にも安倍総理が退陣されるとしても、代わりが麻生副総理では
「水道民営化」や「郵便局民営化」で、国内企業を押しのけて
欧米のグローバリストに、国民のライフラインや保険業務を
貢ぐかのような亡国政策が、加速するだけではと気がかりです。

昨年来の従来の日米関係のみならず、ロシアや欧米各国との
積極的な外交政策は、世界情勢が大きく変化するなかでも
特筆すべき成果があったとは思いますが、

重々、姿勢を改めて見直すべきは、「超富裕層の所得は倍増」した
ものの、「貯蓄ゼロの世帯が427万世帯も増加」したという拡大し
つづける格差社会の陥穽に陥り、益々増加する貧困世帯です。

社会のひずみは、もっとも社会で弱い立場のものを直撃しますが、
「アベノミクス」の成果を高らかに謳う総理には、こうした実態は
「耳に届かない環境」が出来上がっているのかもしれません。

苦境に目の届かぬ政権の劣化ぶりに、意を決し腹を括って証言された
勇気ある前川前事務次官と、詩織さんのお二人に背中を押されて、
「思わず、我に返った」凛々しいツワモノが、市民はもとより
与野党議員、閣僚、官僚の内部からも、次々と現れて

十七条憲法の頃より官民一体となって歌を交わし、国づくりを行ってきた
この国のよき伝統が、鮮やかに蘇ってゆくのを楽しみにしたいものです。

 

1) 【速報】「安倍内閣支持率26.7%に急落」(日本経済新聞 6月1日)

加計学園の政府説明に納得できない_81.4%
前川喜平 元文科省事務次官の説明に納得できる_74.1%

世論調査の数字には色々な見解もあるようですが、普段はもっとも官邸に近い立場を
とる日本経済新聞が発表したこの数字の意味は、重いです。

2)【雰囲気一変】http://urx2.nu/DSOF

自民党内から政権批判の声「一強支配のツケ」を報じた報道番組 NEWS 23
「官僚の不満が一気に噴出するかも」 「総理本人の問題だから逃げられない」
「安倍政権最大の危機」

3) 安倍官邸に不満爆発 前川氏の反旗で官僚の“一揆”が始まる
https://www.nikkan-gendai.com/ articles/view/news/206281
“元ミスター文科省”には人望もあるという(C)日刊ゲンダイ

(日刊ゲンダイ 2017年5月28日)

4) 【報ステ】加計学園問題…前川前次官に単独取材1(2017/06/01 23:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000102126.html

渦中の前川前事務次官を取材。 官邸の問題の根深さもさることながら
高卒資格のない、戸籍のない子供達に「教育を」の思いの強さに胸打たれる。
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/870490351215050753/photo/1

「私は前川喜平に救われた」疑惑を週刊文春が調査!出会い系バーの人生相談が確定
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17045.html (情報速報ドットコム6月2日)

5)安倍首相 「テロ等準備罪」新設法案 今国会成立を(NHK 6月2日 4時11分)
www3.nhk.or.jp/news/html/ 20170602/k10011003661000.html

「日本ではメディアに政府当局から圧力がある」と報告書を日本政府に提出した
国連の人権理事会の特別報告者で、カリフォルニア大学教授デービッド・ケイ氏
が来日し、見直しを求められた「報告書は正確だと自信」を示し反論しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170602/k10011004741000.html

「テロ等準備罪・共謀罪」 について山本太郎さんの街頭説明がわかりやすい!
「テロ等準備罪はテロが目的ではなく、 日本人の1人1人の国民監視が目的」と。

はからずも、「共謀罪」審議と平行して表出した、前川喜平 前文科省事務次官の
証言や、政権の御用ジャーナリスト 山口敬之氏のデートレイプドラッグ使用の
性犯罪容疑の証言者に放たれる人格破壊攻撃などをみると、示唆に富む話です。

https://youtu.be/mHKYFq8ft_g

国連人権委員会や外国からも日本の「共謀罪」が危険視されている。

スノーデン「人権は、卑劣な法律によって奪われる」:(※まさに「共謀罪」!?)
「テロリストではなく、各国政府が言論の自由を削いでいる」と語る。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-eb3a.html


6) 陛下の意向に沿うか?有識者会議まとめの両院可決成立をめざす現政権
天皇陛下の退位に関するする特例法案「将来の先例」 官房長官一代ごとに特例法
http://urx3.nu/DTlK(日経新聞 6月1日)
有識者会議の見解に対する、陛下の強い「不満」を宮内庁が官邸に伝えた。
http://urx3.nu/DTiq(毎日新聞 5月21日)

〔参考〕【動画と全文】平成28年8月8日:お言葉を述べる天皇陛下=宮内庁提供
http://www.asahi.com/articles/ASJ8766FBJ87UTIL02P.html?iref=pc_extlink

昨年8月8日の「今上陛下のお言葉」には、退位という言葉は一言も含まれず、
「象徴天皇の務めを全うし、安定的に継承するためには(昭和天皇が若くして
皇太子のうちに大正天皇の摂政を勤められたように)摂政を置くことも含めて
これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の
未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、
安定的に続いていくよきありようを求めたいとの御主旨を述べられたもの」
と受け止めました。
ご真意を解せぬ現政権が、まるで官僚の人事権を握ってその努めに封印を
かけたがごとく、退位の日程やありように口を挟むのは僭越に感じました。

Q:「日本帝国憲法」明治22年(1889年2月11日)以前の日本の憲法とは?
A:「十七条の憲法」聖徳太子
推古天皇12年(ユリウス暦604年~西暦1889年)

<十七条の憲法 第三条>
「詔を承りては必ず謹(つつし)め。(中略)謹まずんば自ら敗れん」

※上記一行の(中略)部分には、↓聖徳太子の宇宙観が描かれてます。
〔参考:ウィキペディア〕https://ja.wikipedia.org/wiki/十七条憲法

この重責を「象徴天皇」として身をもって示されてきたご高齢の陛下に
8月8日ご発表の意図すら理解せぬまま、お哀しみを与えた「現政権」は、
主権者としての責任をおろそかにしてきた「私たち国民」とともに
もう一度この国の「原点」に、立ち戻るべき時なのかもしれません。

※聖徳太子は、国を治めるために最も重要なことがらとして、
政(まつりごと)を司る者(=今の政治家・官僚にあたる)の
「守るべき戒め」を「十七条の憲法」としてまとめました。

※今の政府を見ると「十七条の目的と必要性」がよく理解できます。

前川元事務次官は、「官僚が 守るべき精神」を自ら行動で示され、
国が真っ先に取り組むべき、貧困化する若者や子供たちの抱える
社会のひずみに真摯に向き合う誠実さで、学校や社会に絶望する
人たちに希望を与えて下さったことに、深く感謝したいです。

7) 「農業競争力強化支援法案」外資系モンサント社ら遺伝子組換え種子の事業参加可能に
http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/450280234.html
国会.jpg

8) 首相腹心記者の強姦告発会見 全国紙は1行も報じなかった (女性セブン 6月15日号)
https://www.news-postseven.com/archives/20170601_560277.html
性犯罪被害女性実名会見「不起訴はおかしい!」元TBS記者
5/30羽鳥慎一モーニングショー(総理の友達だから?)
http://www.dailymotion.com/video/x5ocojs

性犯罪被害女性実名会見「不起訴はおかしい!」総理の友達だから…

レイプ被害告発会見に山口敬之が反論、その内容がヒドすぎる!
安倍応援団も 詩織さんにセカンドレイプ攻撃(LITERA ‘17.05.30)
http://lite-ra.com/2017/05/post-3206_3.html

元TBS記者から“性的暴行”女性被害訴え(日テレNEWS24 5月30日)
http://www.news24.jp/articles/2017/05/30/07362823.html

安部政権 御用ジャーナリスト 山口敬之氏による、準強姦疑惑の事件をもみ消し
たのは中村 格・警視庁刑事部長。現在、中村氏は「共謀罪」摘発を統括する
予定の警視庁組織犯罪 対策部長。法案が成立したらどうなるのか。
(志場 玲 ジャーナリスト)

9) 閣議決定の順番どおり「共謀罪」より性犯罪 刑法改正を先に審議して頂きたい。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000102225.html
【報ステ】性犯罪“厳罰化”刑法改正案が審議入り(テレ朝 2017/06/02)
※ 話題のデートレイプドラッグを使った卑劣な性犯罪等の規制の為にも、ぜひ。

10) 山本太郎vs安倍晋三【全21分】2017/1/25参議院・本会議(ふりかえり)
https://youtu.be/P4P-ijqZGx8

「総理の意向」と書かれた「文書はある」と証言した前事務次官や、 政権御用
ジャーナリストを準強姦罪で顔をさらして告発した女性の勇気に、安倍政権は、
いえ私たち主権者たる国民は「正気に戻って日本を取り戻せる」 でしょうか?
「お天道さまに恥じない、心映え」こそ、日本人最大の強みです。
「子ども達に安心して残せる国づくり」へと、
 
至らぬながら、精進してまいりたいと思っておりますので
今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げます。
 
次回6月11日は、大注目!の内容につき、 どうぞお申込みはお早めに!
======================
日時:2017年6月11日(日)18:20開場 18:45開演
場所:杉並区 方南会館ホール(先着160名様限り)
講師:板垣英憲 氏 ワールドフォーラム・初講演会
======================

======================

貴重な機会ですので、万障繰り合わせの上ご参加ください。
皆さまの益々のご健康とご多幸をお祈り申し上げております。

文責 さくら

スポンサーリンク