さくら通信【時事ブログ】第26回 6月8日号

スポンサーリンク

紫陽花が彩りを深める候、皆さまにはご清祥にお過ごしの ことと存じます。

会期末までわずかの国会では、前川前事務次官の勇気ある証言に
正気を取り戻したかのように、現役文科省事務官らからも「共有書類あり」
の証言が相次ぎ、現政権は歯切れの悪い言い訳に追われる様相です。
 「官邸の最高レベル」文書、文科省現役職員が「共有」認める
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3073183.html
(TBS Newsi  6月7日23時00分)

安倍首相に再三注意 加計問題の質問答えず野党批判続け
http://www.asahi.com/articles/ASK655DL9K65UTFK00F.html

(朝日新聞 2017年6月5日23時05分)

菅長官と応酬・・・再調査は? 加計学園問題
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3073997.html
(TBS Newsi 2017年6月8日)

さすがにたまりかねて、与党陣の公明党からもクレームがつきました。

公明・漆原氏、菅氏が“国民に分かるよう説明を”
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3073967.html
(TBS 2017年6月8日)

 

もはや、「暗黒国会」を通り越して「喜劇国会」の様相ですが、

おそるべきは、このような支離滅裂な答弁を繰り返す現政権が、
任意の対象者への礼状なき「総国民監視」を合法化し、恣意的に
自分の意に沿わない者を犯罪者として陥れることすらできる
「平成の治安維持法」というべき「共謀罪」を、ごり押しで
国会会期内に「数に任せて成立させよう」としていることです。
 さらに驚くべきは、【共謀罪!金田法相「治安維持法は適法!」宣言】です。

https://twitter.com/yzjps/status/870492831692881921/video/1


そんな現政府が「共謀罪」成立へと突き進む危険性を、感じたからこそ、
前川 前事務次官も腹をくくった証言をして下さったのではないでしょうか。

元TBS記者から“性的暴行”女性被害訴え(日テレNEWS24 5月30日)
http://www.news24.jp/articles/2017/05/30/07362823.html

 

安部政権 御用ジャーナリスト 山口敬之氏による、準強姦疑惑の事件をもみ消し
たのは中村 格・警視庁刑事部長。現在、中村氏は「共謀罪」摘発を統括する
予定の警視庁組織犯罪 対策部長。法案が成立したらどうなるのか。
(志場 玲 ジャーナリスト)

 哀しいかな、そんな事務次官の証言すら無視を決め込み、野党が求める
前次官の証人喚問にすらも応じず、人格毀損に終始するような貧しい回答
を繰りかえす官房長官や総理の姿は、現政権のはらむ根本的な危うさを
いみじくも、露呈することになりました。
このような政権のトップが総指揮権をもつ軍隊・自衛隊が、

「集団的自衛権の容認によって、すでに形骸化した憲法9条」のもとで
戦場に派遣されたら、再びどのような悲劇が繰り返されるのか、
想像するだに恐ろしい気がします。

 
<転載>
「出会い系バー」で前川・前文科事務次官と出会ったAさんが
お母さんから受け取ったLINE(前川氏の記者会見があった5月25日)。
Aさんは就職が決まり、3年前から前川氏とは会わなくなっていたそうです。
お母さんからのLINEで「前田っち生きてたんだね」と思ったとのこと。
お父さんとテレビを見て「これは前川さん、かわいそうすぎるな」
(※週刊文春6月8日号)と思い、証言することにしたそうです。
※画像はこちらのサイトから拝借↓
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17080.html
前川 前事務次官が、勇気をもって「証言」を記者発表してくださり、
その姿勢に呼応するかのように、現役の文科省の事務官らも、
リスクをおして、「証言」をされたことで、今、国会で進行中の
「共謀罪」(正式名称は「テロ等準備罪」に変更 ←国連より疑義)
のはらむ危険性が、なお一層明らかになっています。
 それでもなお、本国会会期中に「共謀罪」を成立させ、あまつさえ
次の参議院選挙時に、「改憲」への国民投票を実施しようと
与党自民党は、歩を進めています。
 雌雄を決するのは「主権者たる私たち国民一人ひとり」に、
これらの結論の行く末は、本来、ゆだねられているのですが。。
 一般に権力者が、真に恐れているのは「私たちの目覚め」。
だからこそ世界のマスコミが、これほど厳密に管理・統制されて
きたのでしょう。とりわけ、日本人に対しては厳密に。。
真の力が目覚める前に「永久に封印」しようとする第一歩が、今、
最重要の懸案事項である「共謀罪」の成立に掛かっています。
 ・・・これらの進捗に、目が離せない昨今ではありますが、
 「文書はある」と証言した前事務次官や、政権御用ジャーナリスト の
卑劣な性犯罪を顔をさらし人生を棒にふる覚悟で告発した女性の勇気に、
現政権は、いえ、私たちは、
「正気に戻って、日本を取り戻せる」でしょうか!?
 
「お天道さまに恥じない、心映え」こそ、日本人最大の強みでした。
「子ども達に安心して残せる国づくり」へと、
 
至らぬながら、精進してまいりたいと思っておりますので
今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げます。
 
明々後日6月11日(日)は、大注目の緊急講演会!につき、
どうぞお申込み はお早めに!
======================
日時:2017年6月11日(日)18:20開場 18:45開演
場所:杉並区 方南会館ホール(先着160名様限り)
講師:板垣英憲 氏
======================
======================
 
貴重な機会ですので、万障繰り合わせの上ご参加ください。
皆さまの益々のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 
文責 さくら

スポンサーリンク