さくら通信【時事コラム】第18回 2017年2月18日号

ひととき寒さも緩む三寒四温の候、 皆さまにはご清祥にお過ごしのことと存じます。

トランプ旋風は、広範囲な世界情勢に力学的変化をもたらしているようです。

「正義も
国益もない侵略戦争」に疲弊した、米国防省の制服組(軍人)と米国民
の声なき支持を支えに、「マスメディア総動員のグローバリズム勢」を相手に、
初めて
米国大統領選で勝利したトランプ氏の登壇は、

英国のEU離脱に続いて4月の大統領選如何でフランスもEU離脱派が勝利
すれば、EUそのものが崩壊しかねないという、
世界的な反グローバリズムの潮流と、どこか重なります。

はからずも、大統領選勝利直後のトランプ氏が初めて顔合わせした国家首脳で
ハワイ真珠湾でオバマ大統領と最後に平和宣言をした、我が国総理の命運に

「これからは、『日本の時代』だ!」という、期待含みの声も少なからぬ昨今。

格差社会にあえぐ国民生活を置き去りにしてまで、日米合同委員会の指示に
に忠実に従ってきたかのこの国トップの舵取りが、はからずもグローバリズム
から、ナショナリズム(民族主義)へ大きく回帰する世界潮流の波頭に位置して
いるのは、霞が関の変化とある種の「天のはからい」なのかもしれません。

日本人が「日本の持つ真の力」を知ることで、その力を発露できる時代に
なったとも云えるのでしょう。国民一人ひとりに備わった「本来の力」こそが、
時局を良い方向に導く、「一番の要因」だと知る人はまだ多くはありません。


そんな「今」だからこそ、改めて1月末の緊急入院から元気に復活 された
高橋五郎先生のお話に、耳を傾けたいと思います。

■ いよいよ明日2月19日!(日)18:00開演!杉並区 方南会館ホール
ご心配をかけましたが、お元気に復活!「今だから、話せる」!
 
 高橋五郎先生 に直接、質問を投げかけつつ、「 日本 の果たせる役割」を、
それぞれの胸の内に深く掘り下げるひととき を、
楽しみに
して頂きたいと思います!
 
  ↓   ↓   ↓
 
復活!高橋五郎先生「再演不可!最初で最後の独白」講演会はコチ ラ
日時:2月19日(日)17:40開場 18:00開演
会場:杉並区 方南会館ホール(160席)地下鉄 丸の内線「方南町」歩5分
 
■予約申込み :   http://bit.ly/2leY32s   (当日会場受付払い)
■前売りチケット : < http://bit.ly/2la8Pu5
 
以上、明日2月19日(日)「復活!講演会」のご案内まで
 
文責:さくら


PAGE TOP