さくら通信【時事コラム】第20回 2017年4月26日号


早や葉桜も新緑に輝く東京、 桜前線は常より一週間早く北海道に届いた候
皆さまにはご清祥のうちに、春をお過ごしのことと存じます。

先月より森友に明け暮れたマスコミ報道下「 その陰で何が進んでいたのか?」

自家製種子も守れぬ「種子法廃止法案」(別称:モンサント法)や
表現や活動の自由を奪う「共謀罪」の真相、生命に関わる「水道民営化法案」 など、
外資企業の利益のために、国民の権利や安全が子々孫々損なわれるような法案が
矢つぎ早や審議され、可決されていってる現状をご存じでしょうか?

(マスコミは「森友」ばかり取り上げて、これらを殆んど報じていません)
↓   ↓
◆本国会に提出審議中の重大法案(GW明けに成立予定で、 進捗中!)

1)種子法廃止法案 2)水道民営化法案  3)家庭教育支援法
4)親子断絶防止法 5)共謀罪(組織犯罪処罰法改正案)
6)医療ビッグデータ法案(次世代医療基盤法案)
7)放射線障害防止法改正案

日々多忙な私たちも、はっと「目が醒めた」 トランプ氏ミサイル攻撃の余波。
親露姿勢を叩かれ続けたトランプ大統領が、遂に「脅し」 に屈服したのか
はたまた4月28日デフォルト懸念を抱えていた米国の苦肉の一手だったとみるか

「いやいや、グローバリストの規定シナリオ通りの進捗さ」 と、斜に構えるのか。
https://youtu.be/IYmZR6XRBOU

ともあれ豪腕、かつ丁寧な手順を踏みつつ「米・露・中・韓」 も足並みを揃え
国連決議では露の意向に米が譲歩する姿勢を示し、話合いの余地を 残しつも
「北朝鮮の挑発行為への抗議表明」に足並みを揃えたのは、 第二次大戦後
初めての境地として、特筆すべき局面。

http://tanakanews.com/170416korea.htm

比類なき平和憲法を保持する日本の総理として、日米首脳電話会談で
「全ての選択肢がテーブルの上にあるとするトランプ氏を評価しつつ、
北朝鮮の危険な挑発行動に強く自制を求めると完全に一致」の記者発表

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000027-mai-pol

軍事技術の進歩に伴い、「第三次大戦」勃発なら「 勝者なき地獄図」。
トランプ氏の荒業カードに、各国首脳が速やかに対峙した緊迫のひと月。
思いがけない「夜明けの気配」もまた、生まれたようです。。

世界の覇権戦争の地獄図を知悉する米軍人やFBIが、 軍産複合体の暗闘
に背を向け、 米国内再建への支持者となった趨勢を読みきったのか、
D.ロックフェラー氏3月20日逝去後の空白を埋めるキッシンジャー氏が、
トランプ支持に回った「変換ポイント」?を、 日本はどう活かせるか?
https://youtu.be/IYmZR6XRBOU

世界の趨勢大転換!の今、米国抜けの「ISD条項なき、 TPP11」を
日豪主導で進めようとしていたのを、 卓抜した世界情勢分析を続ける
田中宇氏のレポートで知り得たのは、一縷の希望でした。 感謝です。

http://tanakanews.com/170424tpp11.htm
18日来日のペンス副大統領が、到着早々総理に「総辞職か、 解散か」を
迫り、総理と副総理の「6月解散」の言質をとって、 同席した閣僚らが
大騒ぎになった逸話も、 ごく短期間にネットに出回っているようですが。
https://youtu.be/Rt-ZU76Z8b8( 2017.4.20公開)

「日中国交回復」 で田中角栄氏に出し抜かれ激怒したキッシンジャー氏
が、仇を打ったロッキード疑獄事件を思い起こせば、そんな過去に
「日本を封じこめておきたい心情」が、残っているのかもしれません。。

「恩讐を越えて、原点に返るべき」との、 某旧宮家の言葉を噛み締めて

この世とあの世を祀り結ぶ「政治(まつりごと)」で、
民の安寧をはかるこの国古来の自然と調和する「真の国体」に立ち戻るべく
国や国民が「正気をとりもどす」時節到来の今、祈りを込めて。

改めて、病身をおしてご登壇くださった
高橋五郎先生「渾身のメッセージ」 を振り返ってみたいと思います。

2016年3月高橋五郎先生『天皇の金塊』講演会での、 渾身のメッセージ
これからは、日本が決めればいいんですよ。
オールジャパンでやればいいんです。
『誰に火をつけさせるか』ということなんですよ。

2017年2月高橋五郎先生渾身のご講演の、 究極のメッセージは、
日本人は『70年も居眠りしていて申し訳ない』と目覚めるとき!

「日本を守るのに、右も左もない!」と戦後72年の分断を超えて

今こそ、「未来への我々国民の選択眼」が、問われる時節ですが
これからも、未来の子ども達への大人の責任を果たせますよう、

至らぬながら、精進してまいりたいと存じますので
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

文責:さくら

 


次回ワールドフォーラムは、5月14日に開催となりました。
昨年のご講演と「ゲルソン療法」無料体験会で、大好評となった
宗像先生と、甲村規夫氏の絶賛アンコール講演です。

詳細&お申込み:
http://worldforum.jp/information/2017/05.html

 

大人気の内容につき、どうぞお申込みはお早めに。

皆さまの益々のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。