さくら通信【1/28「新春を寿ぐ会」ご案内】第41号1月5日号

のおよろこびを申し上げます。
いつも大変お世話になり、ありがとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
 
近隣諸国、また世界情勢が騒然とするなかで明けた、平成30年。
世界を安全な未来へといざなう日本の神道文化のユニークさ
私たち日本人自身は気づいていません。
 
当たり前すぎて気づかない古来伝統の「和」の生活文化の豊かさと奥深さを
見失いかねない今だからこそ、ご登壇の皆々さまのお力添えを賜りながら
ご参加の皆さまと共に、再発見の慶びを堪能し祝いあうひとときをもって
明るい未来をより確かなものにする祝いの席、
「新を寿ぐ会」128日に開催させていただく運びとなりました。
 
ここに至る関係各位の皆さまのご厚情に深く感謝申し上げます。

 

【ご案内】「新を寿ぐ会」平成30128日(日)

世界を安全な未来へといざなう
神道文化のユニークさに、日本人が目覚める


【講演】マンリオ・カデロ 大使閣下 × 奈良 泰秀 宮司
【寿ぎの「音霊×言霊」奏上】大倉正之助 師 × 松木貴子マリア 嬢

128日(日)「新を寿ぐ会」概要
———————————————
日時:2018128日(日)
受付:13:00 昼食会&開演 13:30~16:00
場所:スクワール麹町  3F  「錦」の間   東京都千代田区麹町6-6
交通:JR四ツ谷 駅前 麹町口より徒歩30秒 (上智大学 道路向かい角)
詳細&お申込み:http://worldforum.jp/information/2018/0128.html
—————————————————

◆「新を寿ぐ会」の主旨 

世界を安全な未来へといざなう
神道文化のユニークさに、日本人が目覚める寿ぐ、祝いの席

講演:神道文化のユニークさと古神道の真髄とは?

マンリオ・カデロ 閣下  : サンマリノ共和国大使館特命全権大使 ・駐日外交団長
奈良泰秀 宮司 : 
(宗)天ノ岩座神宮 ・にっぽん文明研究所 代表  

寿ぎの「音霊×言霊」 奏上

大倉正之助 師 重要無形文化財総合認定保持者 能楽師 大倉流大鼓
松木貴子マリア 嬢 言霊神魂(かも)すソプラノ歌姫 

—————————————————

「新を寿ぐ会」プログラム 

【寿ぎの「祝い大鼓」 奏上】大倉正之助 師
   ~昼食会・歓談~
【寿ぎの「言霊×音霊」 奏上 】 松木貴子マリア 嬢   ×  大倉正之助  師

【講演.1】(宗)天ノ岩座神宮  奈良 泰秀 宮司(にっぽん文明研究所 代表)
【講演.2】特命全権大使 マンリオ・カデロ 閣下(サンマリノ共和国大使館 )

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
参加費:8,000(以上お心遣いはお心のままに)《昼食代を含む》

ご予約申込み+お振込み完了で、正式な「ご予約完了」となります。
■「ご予約完了」先着 90名様限り の稀有なお祝いの席。
ぜひ、お早めにどうぞ。

※お心遣いで1万円以上賜った方には、感謝をこめて
    223日WF講演会の
無料ご招待券を贈呈させていただきます 。

http://worldforum.jp/pdf/wf20180223.pdf  223日講演案内

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
会場:スクワール麹町  3F   「錦」の間
住所:東京都千代田区麹町6-6  TEL:03-3234-8739

交通:JR四ツ谷 駅前 麹町口より徒歩30秒 (上智大学 道路向かい角 )

スクワール麹町ビル

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

贅沢極まりないご登壇者の先生方による精魂こめた「想いのご発露」を賜り
来たる「この世の春のよろこび(春のめざめ)」をともどもに心ゆくまで堪能し
皆さまの大切な心も身体も清々しく満たされる秘境のひとときを共有し

この新たな年が、めでたい年となりますことを確かなものとする
貴重なひとときとなりますよう、心を込めて精進
させていただきたいと存じます。

ご登壇やご参加の皆さまと共に、未来を創造する
平成30128日「新を寿ぐ会」を、どうぞお楽しみに、ご参席ください。

さくら  拝 

主催:SUNZ日本創生総合研究所(LLP)
後援:サンマリノ共和国大使館
協力:ルーマニア大使館、(社)日本ルーマニア交流協会
           ワールドフォーラム

 

■ 「新を寿ぐ会」 ご登壇の素晴らしい先生がたをご紹介させていただきます。

【サンマリノ共和国大使館 特命全権大使  マンリオ・カデロ閣下について】

特命全権大使閣下のサンマリノ共和国は、起源を4世紀に遡る世界最古の
共和国。イタリアの中にある国土は世田谷ほどの世界で5番目に小さな国
ですが、中世ヨーロッパの趣きを残し、年間300万人の観光客が訪れます。
もうひとつの際立った特徴は、戦乱の絶えなかった欧州にありながらも、
一度も戦火に見舞われたことがない国であること。世界最古の国、日本と
共通する独自の文化の優位性も、カデロ閣下は指摘して下さっています。

154カ国の駐日大使の大使団長を務めるカデロ閣下は新任大使に皇室を
ご案内されたり、大使団代表として両陛下のお人柄に触れる機会を重ねて
両陛下を深く敬愛されています。日本の「神社文化」を世界へと、2014年、
カデロ大使も参画されている「日本サンマリノ友好協会」は、サンマリノ
共和国の山頂に海外初の伊勢神宮の宮大工による、「サンマリノ神社」を
創設されました。


◆「世界最古の共和国から、世界最古の君主国の皆さんへ」カデロ大使/インタビュー記事

http://candlestick.la.coocan.jp/2015.08assumptio/2015.08nomura-04.pdf

 

※山頂の神社に至る山の中腹のブドウ畑から生まれた「神社ワイン」は、日本人に
馴染みの深い十二支のラベルで仕上げられ、愛好家の注目を集めています。


【にっぽん文明研究所 代表・(宗)天ノ岩座神宮 奈良泰秀 宮司について】

にっぽん文明研究所の代表として、「神道を本来の道に戻さねば!」との
強いお気持ちを共著でわかり易くご発表。若い頃から世界を行脚し、
天ノ岩座神宮 先代宮司から古神道の修行を受けたご経験より環境破壊や
争いの耐えない世界から、「大自然を神々と敬い一体化する本来の神道」
への回帰に開眼
されたとのこと。

ご書著の副題にも、「神道は日本人のためだけのものではない」とし、講義や
後輩の育成に務める日々の奈良先生。人類共通の「古来の本物の道」として
カデロ大使の神道文化への深い理解と強い志を、敬意と共に共有されています。

研究所のご紹介|にっぽん文明研究所
http://www.nippon-bunmei.jp/category/kenkyuujo/shoukai


【重要無形文化財総合認定保持者・能楽師  大倉正之助 師について】

能楽師。大倉流大鼓の宗家長男に生まれつも出奔し、6年の農業従事を経て
体得された「新たな確信」を経て、宗家の大鼓奏者に回帰された真の求道者

以来、能楽の目に見える「現し世」(うつしよ)と目に見えぬ「隠り身」(かくりみ)
の世界を次元を超えて往来する「能舞台」を貫く大鼓で、世界中のアーティスト
と独自の舞台芸術を創造。各地の荒ぶる御霊を鎮める「慰霊の大鼓奉納」に
何度か立ち合う機会を賜りましたが、声にならぬ御霊の深い想いに寄り添い、
咆哮し、鎮める師の大鼓の深さには、いつも魂を揺すぶられるばかりです。

この会では、日本人の目覚めにより「神々の願いが叶う春」の来る年を
あらかじめ祝い寿ぐ、めでたい「寿ぎの祝い大鼓」のご奏上を賜ります。

大倉正之助師による魂を揺り動かす招魂の大鼓 独奏
http://www.nippon.com/ja/images/j00019/
鼓は本来、祈願の道具だった。平穏で豊かな暮らしを願って、
人々はその自然な音色に耳を傾けてきた。

無我の境地で打たれた大鼓の音は、
いつの時代にあっても私たちを鼓舞し、癒してくれる。

大倉正之助氏の紹介記事及び「モナコ公演での新たな能楽スタイルの動画」
http://www.nippon.com/ja/views/b02332/

 

【言霊神魂(かも)すソプラノ歌姫   松木貴子マリアさんについて】

ニューヨーク国連本部、カーネギーホール等で歌い、高く評価されるなど、
世界的に活躍。寺院や神社、教会での言霊奉納を使命とし、慈愛にみちた
優しく凛とした祈りの歌声は顕幽の魂を慰め、参拝者を魅了して、平和の
響きで世界を満たします。

この度「新春を寿ぐ会」では、重要無形文化財総合認定保持者 大倉正之助師
とのコラボレーションによる、「神々の待ち焦がれるこの世の春」の訪れを
あらかじめ祝い寿ぐ、「神々に捧げる寿(ほ)ぎ歌」を、歌姫にご奏上賜ります。
http://yamatoryu.tokyo/calture-member/97/

※今回は特別に、心身の健康を保つためにもっとも重要なファクターとなる
体温を高め、保持する、「秘伝の言霊メソッド」の一部を本邦初公開賜ります。

どうぞお楽しみに!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
平成30年1月28日(日) 受付 13時 昼食会&開演 13時半~16時
会場:スクワール麹町 3F 「錦」の間/四ツ谷
住所:東京都千代田区麹町6丁目6
交通:四ツ谷 麹町口徒歩30秒 (上智大学 通り向かいの角ビル)

スクワール麹町 ビル

参加費:8,000円(以上お心遣いはお心のままに)昼食代を含む》

ご予約申込み+お振込み完了で、正式な「ご予約完了」となります。
■「ご予約完了」の先着、 90名様限り 
の貴重なお祝い席
ぜひお早めにどうぞ

※なお、お心遣い1万円以上を賜った方には、感謝をこめて
2月23日講演会の無料ご招待券
(3千円相当)を贈呈させて戴きます。
http://worldforum.jp/pdf/wf20180223.pdf ← 2月23日(火)講演詳細はページ末尾

 


来る128(日)「新を寿ぐ会」は、

贅沢極まりないご登壇者の先生方による精魂こめた想いのご発露を賜り、
来る「この世の春の慶び(春のめざめ)」を、皆さまとともに心ゆくまで堪能し
皆さまの大切な心も身体も清々しく満たされるひとときをへて
この新たな年が、めでたい年となりますことを確かなものとする
貴重なひとときとなりますよう、相務めさせていただきたいと存じます。

ご登壇の先生方やご参加の皆さまと共に、未来を創造する
平成30「新を寿ぐ会」を、どうぞお楽しみにご参席ください。

 

主催:SUNZ日本創生総研事業組合 ※1.        後援:サンマリノ共和国大使館
協力:ルーマニア大使館 ・(社)日本ルーマニア交流協会 ・ ワールドフォーラム
お問合せ先:info@sunz.in

 

◆ 「SUNZ日本創生総合研究所(LLP)」とは?※1.

「地方自治体と地域産業興辰のための地域ブランド創生による国や地域の活性化」を
目的に一昨年11月に設立した、有限責任事業組合(= LLP) の総合研究所です。
理念は「あまねく照らす太陽のひかりのように、いのちに優しい『和の文明』 の再興」。
同理念による活動開始は80年代初頭、青森の地域ブランド開発と全国普及に遡ります。
以来、商品の企画・研究開発のみならず、生活文化情報誌創刊・TV番組企画制作・
講演会・出版・等の文化活動を通じた理念の普及促進を、幅広く続けてまいりました。

 


【2月23日ワールドフォーラム講演会について】
~「新嘗祭」を執り行う天皇に、よもや遺伝子組替え米をおつかい戴くわけにはゆかぬが道理~

2月23日(火)ワールドフォーラム 未来塾 「いのちと種を守る」講演会-Ⅱ
安全な「食」を未来の子ども達へ。生産者と消費者を結び守る!新世紀JAの挑戦
【講師】
山田正彦 氏
(元農林水産大臣)「食と農といのちを守る」超業界リレー

八木岡努 氏(JA水戸組合長/新世紀JA研究会 代表/日本の種子(たね)を守る会 会長)
藤田幸久 氏(元財務副大臣/世界百カ国以上でホームステイ体験国際NGO出身国会議員)
http://worldforum.jp/pdf/wf20180223.pdf


*    *    *    *    *

日本と世界にとって本当に大事な年、平成30年がとうとう明けました。

心してこの年を、「そのとき、歴史が変わった!」と後年ふりかえられるような
佳き年となりますよう、関係各位の皆さまと心をあわせて参りたいと存じます。

元旦よりさまざまな吉祥、瑞祥が、皆さまに届いているようです。
この祝福が成就されるよう、心身を整え力を合わせて参りたいと存じます。

どうぞ引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 

SUNZ日本創生総合研究所(LLP)
ワールドフォーラム&SUNZ

文責  さくら