11月26日(日)「バシー海峡及び南方海域戦没者追悼慰霊祭」靖国神社のご案内


あなたは慟哭の海峡、「バシー海峡の悲劇」をご存じでしたか?

ご縁により今年初めてそれを知り、25万人に及ぶ海峡の戦没者数に絶句しました。
米朝の核ミサイル危機をめぐり、 トランプ氏の初来日と、韓国・中国歴訪を経て
アジア近隣の緊張継続の昨今ですが

「もう二度と、こんな悲劇を起こしてはいけない」と祈りをこめて。
https://youtu.be/jqpk2Ej48sg


バシー海峡及び南方海域戦没者追悼慰霊祭
アジア近隣国との緊張が高まる今年度は、先の大戦を知らない若者の世代に、
大東亜戦争とは何であったかを知っていただくことを主にしたテーマです。
ぜひ、多くの若い方々、特に学生の方々のご参加を切にお願いします。

大戦に関係された方々の多くはすでに鬼籍に入り、ご遺族もご高齢になられ、
幾多の慰霊団体が、消滅の瀬戸際にあるやに聞きます。
我が国にとってこの大戦の悲劇がいかなるものであったか、若者に正しく伝承されず消滅し忘れ去られてゆくことは、我が国の将来に大きな禍根を残すことと危惧します。
日本国民であって日本の国体を知らず、今さえ平和で豊かであれば良いという風潮に流されれば、近い将来取り返しのつかない悲惨な境遇に陥るかもしれません。

この悲劇を二度と繰り返さないために、すでに植えつけられた誤った先入観を捨て、正当な評価と認識の上で、行動してほしい。一人一人が、日本人としての自覚を持ち、その上で国際人であるべき姿を、ぜひ、この機会にご参加いただき知ってください。

主催:バシー海峡戦没者追悼慰霊実行委員会(文:小川智男/潮音寺 主管)

*   *   *   *   *

■日時:11月26日(日) 会場:靖国神社
■集合場所:参集殿
 受付開始:10時30分開催時間:11時〜15時

■第一部 11時〜 拝殿大倉正之助師による、鎮魂の大鼓奉納◆
本殿にて昇殿参拝・奉納演奏

■第二部 13時〜靖国会館2F偕行の間◆
(12時~ 昼食・休憩・懇談/「偕行の間」にて)
言霊神(かも)すソプラノ歌姫 松木貴子マリア氏による言霊奉納
故中嶋秀次氏「歌集 バシー海峡」より短歌一首 他
大鼓:大倉正之助 師

 


講演1:「バシーの悲劇とは何であったか?」
台湾先人の我が祖国への献身に感謝 
台湾潮音寺 主管 小川智男

講演2:台湾の現状と近未来への希望/台湾政府要人(交渉中)

講演3:靖国神社バリアー・フリー化と明治神宮 第三鳥居建造を終えて
柴原薫氏南木曽木材社長

―  懇談・写真撮影・15時解散  ―

【参加費】一般5,000円(昇殿参拝、直会・昼食代を含む) 学生3,500円(院生含む)


慟哭の海峡、「バシー海峡の悲劇」とは?

7人に1人が戦死、大正生まれの男たちの慟哭 『慟哭の海峡』(門田隆将 著)を読む
http://toyokeizai.net/articles/-/52295 (東洋経済 2014年11月01日)

台湾南端とルソン島間の「バシー海峡」(別称:ルソン海峡)は、第二次大戦中に
南方
戦線に向かう軍艦や、兵站物資輸送船の主航路であった。中国大陸に派兵されていた大勢の日本軍人・軍属が、中国や釜山の港から日本の軍艦や輸送船に乗り込み、南方戦線に向かったが、バシー海峡に待ち構える米国潜水艦に撃沈され25万人に及ぶ日本軍人・軍属の戦没者が、この海峡に眠っているという。

※ちなみに、アンパンマンの作者として知られるやなせたかし氏の弟君もバシー海峡の海に眠るとのこと。今も子どもらに圧倒的な人気を誇るアンパンマンの慈愛に満ちた精神(顔を食べさせる)には、幼い子らの平和な未来を願う作者の強い思いがある。

「潮音寺」(ちょうおんじ)とは?

戦況に翳りの見え始めた昭和19年8月8日、釜山港から乗船した中嶋秀次
(ひでじ)さん(静岡出身)の輸送船「玉津丸」(乗組員約5,000人)もまた、
被雷して8月19日に撃沈される。
12日間の漂流後たった一人で最後に救出された中嶋秀次さんが、戦友の慰霊の場を設けることを生涯の使命として私財を投げ打ち、寄付を受けてバシー海峡を眼下に望む台湾南端の猫鼻頭(ねこびとう)に建立された寺が「潮音寺」。中嶋さんが、海に眠る戦友らへの熱い想いで建立された海峡戦没者の慰霊の寺です。(撃沈より37年後の1981年8月19日落慶)

中嶋秀次さん(2013年、92歳で逝去)は、漂流の12日間を克明に詠った120首余りの和歌「歌集 バシー海峡」を残されました。
言霊神す歌姫 松木貴子マリアさんが、和歌に曲をつけ奉納されます。
今なお台湾のご年配の方々が愛唱されている、日本の唱歌と共に。

◆バシー海峡慰霊祭、日本兵の遺体を手篤く葬ってくれたのは
台湾の人だった…「慟哭の海峡」で鎮魂の集い_(産経新聞 2015.8.2 21:43)
http://www.yasukuni.or.jp/precincts/kaikan.html
http://www.sankei.com/life/news/150802/lif1508020032-n3.html

【奉納者ご案内】
1)大倉正之助氏のプロフィール:
能楽囃子大倉流大鼓 重要無形文化財総合認定保持者 

大倉正之助師による魂を揺り動かす招魂の大鼓 独奏
http://www.nippon.com/ja/images/j00019/

大倉正之助氏の紹介記事及び「モナコ公演での新たな能楽スタイルの動画」
http://www.nippon.com/ja/views/b02332/

2) 言霊を神(かも)すソプラノ歌姫 松木貴子マリアさんのプロフィール
http://yamatoryu.tokyo/calture-member/97/
ニューヨーク国連本部、カーネギーホール等で歌い高く評価されるなど、世界的に活躍。寺院や神社、教会での言霊奉納を使命とし、慈愛にみちた優しく凛とした祈りの歌声は顕幽の魂を慰め、参拝者を魅了して、平和の響きで世界を満たす。

◆お申込み:
①FAX:03-6740-8452
お名前※/ご連絡先(メールアドレス※/電話※/ご住所)・参加者人数※(  名
をご記入、FAX。(※印 必須)
②または、 「お申込みボタン」より、お申込みください。

◇お問合わせ:豊田市幸町家下32  潮風会 Tel. 0565-21-8839
【バシー海峡戦没者慰霊祭の主催者ご代表】
小川 智男 さん  台湾「潮音寺」 主管 潮風会 代表

主催:バシー海峡戦没者追悼慰霊実行委員会 (代表:小川智男/「潮音寺」主管)
協力: SUNZ日本創生総合研究所 ・ ワールドフォーラム

【交通・アクセス】

 
靖国神社 [境内 靖国会館 2F偕行の間]  東京都千代田区九段北3丁目1−1
地下鉄東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅(出口1)」 徒歩5分

 


【ご報告】インターネットTVで、ライブ配信&収録いただきました!

◆11月13日「オール☆ライトニッポン」に、11月26日「バシー海峡戦没者慰霊祭」告知を兼ねて主催者の小川智男氏(潮音寺 主管)と、言霊神醸す歌姫 松木貴子マリアさんに出演頂きました。
同番組パーソナリティの新井淑子さんと、新井さんとのご縁を結んでくださった大倉正之助さまに心から感謝申し上げます。ありがとうございました!

インターネットTV11月13日収録「オール☆ライトニッポン」
「11.26 第二次世界大戦のバーシ海峡で次々に駆逐された戦没者追悼慰霊祭」の話
https://www.facebook.com/events/347732455689196/
【収録&ライブ動画】
https://youtu.be/Fgf2DxfjKW4

 

以上

ながき世に ともがらなせよと となりなす とほかみえみため ながめみる世に

皆さまがお健やかなご多幸の日々を
お過ごしになりますように。

文責 さくら


【資料】 「太平洋戦争 日本船舶被害図」(但し、5,000㌧以上のみ記載)_台湾 潮音寺

 


 

 

スポンサーリンク