【ご報告】8年目の3.11に、自戒をこめて「政(まつりごと)を取り戻す!」三橋貴明先生が「秘策」を大公開!+坂の上零氏x阪田浩子氏×Zenハニカット氏【動画message/さくら解説】→「日米ママ大作戦!」議員会館

晴れ間に春の香りも漂う候、ご清祥にお過ごしのことと存じます。

「分断の戦後史」を超えて
緊急!講演「政(まつりごと)を取り戻そう!」第5弾

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム-Ⅱ
この危機脱出の「マル秘」策を、共有する!

 実は三橋貴明 先生は、(ココだけの秘密なのですが)
「日本人の目からウロコが落ちれば、
 日本の内需経済な~んて、スグ!復活できる!」って
「重大な秘策」を語って来られてるのです!

(こうした目開きな論説展開は、バッシングの憂き目に会う)
  ♡  ♡  ♡
 しかも、おそろしく簡単!

「ある法律」変えればよいだけ!(左右陣営共に、優位!)

8年目の3.11に議員会館で語られた「秘策」
満を持して 、遂に大公開!

左右分断を超え、日本復活の「鍵」を開示する!

ダイジェスト動画:https://youtu.be/Ib2vYZWdoMI

日米ママ「世界を変える、大作戦!」議員会館

米国大統領を、TPPから離脱させた!
“MOMS ACROSS AMERICA”発起人の
↓全米母親連盟ゼン・ハニカットさん
       × 日本母親連盟阪田浩子さん

2017年来日のZenさんの求めに応えて
↓発足してた”MOMS ACROSS JAPAN”始動!

2017年来日したゼンさんの「MOMS ACROSS JAPANを!」の
呼びかけに応え、山田正彦先生と共に歩んできた日本のママたち

2017年12月来日したゼンさんからの「MOMS ACROSS JAPANを!」の
呼びかけに応える山田先生と共に歩んできた日本のママたち

            ↓  ↓  ↓

直前&当日の打合せで、
上記の☆日本の内需経済、復活☆への
「秘策☆ポイント」について、
3.11議員会館
で_国憂う!ワールドフォーラム
「政(まつりごと)を取り戻す!」講演会で

明瞭に語っていただくことが、叶いました!
三橋
貴明 先生ご好意により、
☆ご快諾☆を賜り、ダイジェスト版が完成!!

「この詳細ページ上で、無料大公開!」
「☆目からウロコ」の秘策をご堪能ください!♪

 ♡  ♡  ♡

3月11日
私達の手にゆだねられた、パワフルな活路を再発見!
わくわく元気な3名の女性リーダーの「活動と手法」を大公開!

日時:3月11日(月)13:30 開場 14:00 開演~18:00終了
会場:第一衆議院会館  1階 多目的ホール(200名)
—————————-
ワールドフォーラム緊急!国憂う講演会

「政(まつりごと)を取り戻そう!」 第五弾! は、
昨年11月5日と同じ、第一衆議院会館ホールでの開催です。
—————————-
【講師陣】
三橋 貴明先生(経世済民 企業家・㈱ 経世論研究所 代表)

♡  ♡  ♡
坂の上 零先生(作家・ジャーナリスト・アーティスト)

阪田浩子氏(日本母親連盟 代表・フードビジネスプロデューサー)
Zenハニカットさん【動画】(MomsAcrossAmerica 発起人)
メッセージ/ 紹介・解説:佐倉直海(SUNZ日創研 代表理事)
 ♡  ♡  ♡


テーマ:「日本の食糧安全保障と食の安全課題」
基調講演:三橋 貴明 先生
「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム」-Ⅱ
三橋貴明先生が、満を持して大公開
「ある法律」さえ変えれば٩(ˊᗜˋ*)و 
「デフレを脱却し、内需経済は復活!究極の秘策とは!?
  ♡  ♡  ♡

主催:SUNZ日本創生総合研究所(LLP)/協力:ワールドフォーラム
お問合せ:info@worldforum.jp/info@sunz.in

【3.11議員会館パネルセッション】分断を超えて、「政(まつりごと)を取り戻そう!」 三橋貴明氏 × 坂の上零氏 × 日本母親連盟 × 佐倉直海_ ワールドフォーラム2019年3月
https://youtu.be/ydoia94yvz4

3月11日(月)8年目の今、自戒をこめて。世界に逆行する安全基準崩壊で日本民族崩壊の危機に、
「子どもを守る!」日米ママの緊急大作戦!

議院会館でのワールドフォーラム
「緊急!国憂う講演会」も、2回目。
「政(まつりごと)を取り戻そう!」シリーズ第3弾!に続き第5弾は

日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム-Ⅱ

日本の未来の道しるべとなる予算案審議中、議員会館で開催します!

まず最初に、三橋貴明先生の基調講演
なぜ、「種子法廃止法含みのグローバリズム」が日本を破壊するのか!?

「ある法律」さえ変えれば、
デフレ脱却し、「日本型☆内需経済は速やかに復活できる!」
その「☆目からウロコ☆」の、秘策とは!

 ♡  ♡  ♡

しかも、おそろしく簡単!

「ある法律」を変えればよいだけ!なのです。

簡単すぎてあまりにも危険なので、
ココにも書けないのですが
8年目の3.11、遂に大公開されました!

さらに、昨年末に発効したTPP11関連法案「種子法廃止」等の危機から
食の安全を取り戻し「未来の子どもたちを守る!」と、立ち上がり、
パワフルな活動をリードする3名の女性陣
の活動とその手法をご紹介!
♡  ♡  ♡
8年目の3.11に、自戒をこめて
「パワフルな打開策」が私達の手にゆだねられているのを再発見ください!

主催:SUNZ日本創生総合研究所 有限責任事業組合   協力:ワールドフォーラム


日時2019年3月11日(月)  受付 13:30  開演 14:00 ~ 18:00
場所衆議院第一議員会館 1F 多目的ホール(200席)
東京都千代田区永田町一丁目7番1
交通東京メトロ:丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅
(丸の内線 1番出口より、徒歩3分)
地図
会場
参加費参加費:無料(要予約)
※資料代:3,000円
(DVD3,000円相当+α)の

 事前お振込みをお願いします。(お申込者に詳細自動通知)
 ご予約申込み後のお振込みで「正式なお申込み」完了です。

【懇親会】
懇親会の会場は、議員会館より、当日の希望者が会館前で揃って
議員会館から懇親会会場まで、歩いて向かいます。

主催:SUNZ日本創生総合研究所(LLP)/協力:ワールドフォーラム
お問合せ:info@worldforum.jp/info@sunz.in


【第一衆議員会館へのエントリー手順】
1階入口の受付で、「多目的ホールの講演会に参加」とお申し出下さい。
(多目的ホールは、第一衆議院会館1Fの奥のホールです)
※訪問先記入は不要 → 受付横エントランスで、係が「入館証」をお渡します。

開催テーマ:「日本の食糧安全保障と、食の安全課題について」
基調講演:「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム」-Ⅱ三橋貴明氏


講師 プロフィール:三橋貴明 先生
作家・㈱経世論研究所 所長・週刊 三橋貴明
「新」経世済民新聞・新世紀のビッグブラザーへ

東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。 外資系IT企業、NEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立、 三橋貴明診断士事務所(現、経世論研究所)を設立した。 2007年、インターネット上の公表データから韓国経済の実態を分析し、 内容をまとめた『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)がベストセラーとなる。 その後も意欲的に新著を発表している。 当人のブログ『新世紀のビッグブラザーへ』の一日のアクセスユーザー数は12万人を超え、 推定ユーザー数は36万人に達している。 2017年10月現在、参加ブログ総数115万の人気ブログランキングの「総合部門」1位、「政治部門」1位である。 単行本執筆と同時に、雑誌への連載・寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。

■Web上の文筆活動 ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」 メルマガ「「新」経世済民新聞」、「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~
■最新著書 「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム」(彩図社)「超・技術革命で世界最強となる日本」「帝国対民主国家の最終戦争が始まるーー三橋貴明の地政経済学」(ビジネス社)「財務省が日本を滅ぼす」(小学館)

三橋貴明 先生  ご著書

講師プロフィール:坂の上零 先生
(作家・ジャーナリスト・アーティスト)

一九七二年一月二五日、兵庫県生まれ。幼い頃より自然にピアノを弾いて遊び自作の絵本や物語、マンガを書くようになる。六歳から本格的にピアノを習い始めジャズピアニストを志して上京。ジャズピアニストとしてプロデビューを果たす。
都内を中心にライブ、コンサート活動を行う中、その音楽性、独創性が評価され、広告代理店のサウンドディレクター、映像の作曲などを手掛けるようになる。
マザーテレサから、世界でただ一人、マザーテレサの名前を冠した音楽を出してよいという許可をもらった人物。いろんな有名な歌手が尋ねたが、誰も許可を得られず、坂の上零のほかにはいない。坂の上零が作曲した「Song for Mother Teresa」と「交響曲 マザーテレサと神にささげる 全5楽章」の楽曲の第3章のソプラノのパートに、マザーテレサからのメッセージを歌詞にして創作する。音楽活動の場を海外に拡げたものの心の支えであった婚約者が悲劇に見舞われ、この出来事により音楽活動から離れてしまう。事故で顔を失った最愛の人の自殺未遂、生き別れなど大きな苦難に見舞われ、生きることに絶望して自殺しないよう苦しみを吐き出すために、小説を書きだした。最初の処女作は、大作「天使になった大統領 上下巻」からなる全4巻に完結。あることがきっかけとなり音楽と全く関係のない国際金融に携わるようになる。これら英国系オフショア金融などの経験を生かして、政治経済のライターとなり、新自由主義の間違いを指摘し過剰なグローバル経済政策から日本を守るため、政治活動を開始。また、音楽活動も再開し、ジャズ以外にも交響曲やピアノコンチェルト、ポップス、ハウス系ダンス音楽、アシッドジャズ、フュージョン、ラテン、サルサ、ボサノバ、バラードなど幅広いジャンルの音楽を作詞作曲し、ライブ活動を行う。 現在は、自ら提案者兼発起人として掲げた「はこぶねコミュニティ」旗のもと、各地の要請にもとづく地方講演などを通じた全国展開に傾注している。

まもる会【日本と安全な農業と食糧、あなたの命をまもる会】

【公式】坂の上零『真実があなたを解放する』ブログ Rei Sakanoue

パネリストプロフィール:阪田浩子氏
(フードビジネスプロデューサー)
日本母親連盟 代表 http://hahaoya.jp/aisatsu/

一般社団法人国際伝統中医学協会認定 未病治診断士
一般社団法人国家ビジョン研究会 教育問題分科会副幹事
一般社団法人グローバル教育研究所 グローバル教育プログラム講師
元江東区扇橋地区 民生・児童委員
元江東区小松橋地区 青少年対策委員
元江東区立川南小学校 PTA 会長
スマート・レディース・ビジネスクラブ 代表
神奈川県倫理法人会 女性副委員


愛と挑戦のフードビジネス・プロデューサー
オフィス しょくの達人 代表

「食と教育が地球を救う!」 を信条として、食に関するビジネスを生業とするとともに、教育問題への取り組みをライフワークとしている。
飲食サービスの現場に30年以上携わり、200店舗以上の企画開発に 関わるうちに 、食べ物によって人が作られ、社会が作られる ことに気づく。 まさに「食で世界を変えられる」ことを確信。 以来、食を要に据えた地域活動、市民活動に積極的に取り組み、政界にも学びの場を広げる。


Zenハニカットさん:プロフィール
米国大統領を変えた!全米母親連盟が実現したこと。
Moms Across America(マムズアクロスアメリカ)
発起人・推進リーダ

【 動画メッセージと活動 】解説:佐倉 直海(SUNZ日創研 代表)

山田正彦元農林水産大臣のご登壇で知ったゼンハニカットさんは、米国で3人の息子をもつお母さん。子どもらが生死をさまようほどのアトピーや発達障害、極端な学力低下に苦しむ原因を追求し、遺伝子組替え作物とセットで使用される除草剤成分グリホサートに原因があるのをつきとめます。

その後、彼女がとった的確で地道な活動は全米の子どもの不調に悩む母親に広がって150万人会員 “Moms Across America”
“GMO Free!”ムーブメントに発展。

ついに、米国のビジネス紙Bloombergがモンサントに対する決定的な訴訟を報道。
ラウンドアップ(グリホサート)は腸内細菌を壊すことを隠していた。
ラウンドアップの安全神話は、この裁判で完全に終わることになるだろう。


【印鑰智哉氏 FB】 https://www.facebook.com/InyakuTomoya/posts/3087274454632697
【元記事:2019.2.14 Bloomberg/英文】http://u0u1.net/05gh


2013年7月4日の米国独立記念日から、「子ども達の健康に ”GMO Free!”の食べ物を!」明るく訴える全米の母親達のパレードが始まり、マスコミ各社の独立記念日報道を通じて全米に広がりました!

6年前に始まったこの動きは世界に波及し、2015年~2016年には全世界48カ国400都市で同時多発的な「反モンサント行進」実現しました。

米国大統領選時トランプ氏のみならずヒラリー候補までも(グローバル企業に
牛耳られることが明白な) 「TPP反対!」を公約に掲げたのは、なんと!
ゼンさん達の全米母親連 “Moms Across America”活動のお陰だったのです。
以来、世界一の遺伝子組替え&グリホサート除草剤依存の大規模農業の本拠地、

アメリカで、「Non GMO」の食品売上げが毎年10%の伸びで続伸中です。
的確な戦略と実行あれば、TPP11で絶対絶命の日本にも、活路あり!ですね♪
 
これらのムーブメントは、一昨年来日したゼンさんの呼びかけに応えて発足した
”Moms Across Japan”に受け継がれ、日本でグリホサート検出キットによる
検査が受けられるよう準備が進められています。(関係各位おつかれさまです)

まだまだ、自分たちの子どもに「安全な食物が与えられなくなる現状」さえ知らされていない多くの日本のお母さんたちにも、この危機的状況脱出方法をしっかり伝えて、輪を広げてゆく情報&作戦共有の機会になれば、と願っています。

8年前の3.11後、さまざまな日本独自の伝統的な先端技術が発露し複数の先駆者が放射能軽減の実証成果を上げたのですが、それらは公式に認められることなく今に至ります。チェルノブイリ後の欧州で強制退去区域に指定された放射線量の地域に避難先住宅手当の段階的打ち切りで、帰還した母子も少なくないのです。

加えて昨年12月30日に、日本民族の存続すら危うくする「TPP11」遂に発効!
「遺伝子組替え禁止」へと舵を切る 世界の潮流に逆行「遺伝子組替えでない」安全な食物を我が子に与える道すら残せなくなる土壇場に直面しています。

ゼンさんに「遺伝子組替え&グリホサート食生活から除去し、6週間デドックス息子はグリホサート不検出になり、同時に症状が全て消えた」と伺いました。

これはチェルノブイリ被爆症状に苦しむ子ども達に起こったことと全く同じ!
適切な対応すれば、子どもらは6週間で生死の境を越えて健康になれるのです。

解決法は医者でも何でもない、母親だからこそ結果を出せる、食の特効薬!
毎日の家族の食生活に工夫をこらす父母だけに与えられた、尊い仕事です。

***************
【ご報告】 タチアナ看護婦来日/2013年11月21日 第一衆議院会館
講演シンポジウム「日本の放射能被害を防ぐ」  
http://worldforum.jp/information/2013/11.html#
事故後27年目のチェルノブイリから考える
ウクライナのタチアナ女史が語る 「低線量汚染地域・健康被害の真実」
主 催:11.21東京実行委員会(共同代表:佐倉直海・萩原春代)
NPO法人「食品と暮らしの安全基金」(代表:小若順一)
***************

緊急!ワールドフォーラム講演「多国籍企業のためのTPPと種子法廃止」食べ物が危ない!安田 節子氏ダイジェスト2018年4

幸い「ラウンドアップ噴霧従事の学校職員の告訴」に、カリフォルニア州地裁で昨年8月「訴えた末期がん患者への320億円の賠償」が結審され、お金で買われた御用学者の壁に隠されてきた真実が、ようやく明らかになろうとしています。

既に9000件に及ぶ告訴があり、日本の母親たちが目覚めれば世界は変わります!

無農薬・無化学肥料の農業を守ってきた小規模農業を守り実践するコミュニティをめざす「はこぶね組合」の活動も、目覚めた市民の自主的な活動により活発化しています。(坂の上零氏)
「子ども達を守る安全な作物」が失われゆく厳しい現実に目覚めつつある 日本の母親達も危機感を募らせて昨年8月立ち上がった日本母親連盟の全国40支部で、「自主的なグループ学習」などの活動を活発化しています。(阪田浩子氏)

↑ ↑ ↑
山田正彦先生元農林水産大臣の講演会を聞いて、即座に講演資料に基づいて
支部内で情報共有勉強会を開催した東京支部長(白河未來氏)。

「子ども達に安心して残せる国づくり」へ

ワールドフォーラム&SUNZは、これからも粛々と歩いてまいります。

日本のお母さんたちに与えられた、
「世界を変える力」を発揮するときが、近づいています。


心優しく力強く、堂々たる女性リーダーたちと共に
「こんな世界を、子どもや孫たちに残しては申し訳ない!」と

日本の母親たちが「自身が持っている力」を発揮しはじめるとき、
その瞬間に、世界が変わり始めるのです!

右でも、左でもなく、「子供たちに安心して残せる未来」へ。
8年目の3.11の日、議員会館でお目にかかれるのを
楽しみにしております。

日頃よりの暖かなご支援に、心より感謝申し上げつつ
これからも、精進してまいりたいと存じます。

いつもありがとうございます。

文責 さくら

2012年11月3日 文化の日「烏山宣言」於:烏山区民会館
日本再生!シンポジウム 第2回未来塾 より
講師:飯島秀行先生 x 高尾征治博士 x 佐野千遥博士
https://worldforum.jp/report/2012/11-3.html

スポンサーリンク