【ご案内】2月9日(土)子どもを守れ!【既成概念ガチワリ!】放談 ★内海聡 医師 x 坂の上零氏 x 佐倉直海&SUNZ 府中市中央文化センター ひばりホール

 

2019年29(土) 子ども達の未来を守れ!

【既成概念ガチワリ!】放談

★内海聡 医師 x 坂の上零 × 佐倉直海 &SUNZ


会場:府中 中央文化センター ひばりホール (京王線府中駅 徒歩5分)

~~~~~~~~~~~~~~~

米国大統領変えた!
母親たちので、世界変える!

Non!遺伝子組換え(GMO) 国が守らぬわが子を守る!

種子法卸売市場法ワクチン水道法
TPPの罠から、緊急脱出せよ!~

七世代先の未来を、考えて

毒素排出!DDクリニックの効用
共存共栄未来への「はこぶね」
アーティスト坂の上零氏のピアノ演奏も!

 

内海 聡 医師 (薬害研究センター理事長)

坂の上 零 &SUNZ (Teamビジョナリスト)

佐倉 直海 &SUNZ (Teamビジョナリスト_コンサル)


「魂」が共鳴すれば、意識が変わる。

  意識が変われば、世界が変わる!
  世界は変わる!変えられる!

 

日時 2019年2月9日(土) 開演 18:00 – 21:00 開場 17:40
場所 府中市 中央文化センター ひばりホール(定員160席)
東京都府中市府中町2丁目25番地 ℡:042-364-3611
交通 京王線「府中駅」より徒歩5分
地図
会場 府中市 中央文化センター ひばりホール
参加費 参加費:3,500円(要予約)、4,000円(当日)
早割特典:3,000円 (要予約/1月中のお申込み限定!先着順
1,000円(学生/要予約)、高校生以下無料!(要予約)
※学生・高校生の方は、学生証を受付でご提示下さい。
先着順で、満員になり次第締め切りますので、お早めに!
※参加費は、当日の受付でおつりのないようにお支払いください。

↓ご予約はこちらから↓

プロフィール:内海 聡 (うつみ・さとる)医師

内科医、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

筑波大学医学専門学群卒業
東京女子医科大附属東洋医学研究所 研究員
東京警察病院 消化器内科 勤務
牛久愛和総合病院 内科・漢方科 勤務を経て
平成 18 年 8 月 牛久東洋医学クリニック 開業
平成 25 年 4 月 牛久東洋医学クリニックを閉院し、断薬を主軸とした Tokyo DD Clinicを開業。

 

●Tokyo DD Clinic<内科、精神科> http://tokyo-dd-clinic.com/

●内海 聡 | Facebook https://www.facebook.com/satoru.utsumi

内海聡 医師 ご著書

がんになった医者が書いたがんの本当の治し方 ガンは切らずに治る

 ◆ワールドフォーラム2014年7月現代医学の闇を斬る!講演会
内海聡医師「ワクチンは全て一切効果が無く有害!輸血はまったく意味が無い!?」

◆ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」


プロフィール:坂の上 零 (さかのうえ れい/作家・ジャーナリスト・アーティスト/Teamビジョナリスト)

一九七二年一月二五日、兵庫県生まれ。幼い頃より自然にピアノを弾いて遊び自作の絵本や物語、マンガを書くようになる。六歳から本格的にピアノを習い始めジャズピアニストを志して上京。ジャズピアニストとしてプロデビューを果たす。
都内を中心にライブ、コンサート活動を行う中、その音楽性、独創性が評価され、広告代理店のサウンドディレクター、映像の効果音楽の作曲などを手掛けるようになる。
マザーテレサから、世界でただ一人、マザーテレサの名前を冠した音楽を出してよいという許可をもたった人物。いろんな有名な歌手が尋ねたが、誰も許可を得られず、坂の上零のほかにはいない。
坂の上零が作曲した「Song for Mother Teresa」と「交響曲 マザーテレサと神にささげる 全5楽章」の楽曲の第3章のソプラノのパートに、マザーテレサからのメッセージを歌詞にして歌にしており、さらに、第4楽章のバラード版の楽曲を交響曲とは別に作り、2パターン造った。
音楽活動の場を海外に拡げたものの心の支えであった婚約者が悲劇に見舞われ、この出来事により音楽活動から離れてしまう。事故で顔を失った最愛の人の自殺未遂、生き別れなど大きな苦難に見舞われ、生きることに絶望してしまい、自殺しないために、苦しみを吐き出すため、小説を書きだした。その最初の処女作が、大作「天使になった大統領 上下巻」となったのである。
あることがきっかけとなり音楽と全く関係のない国際金融に携わるようになる。
後に日本で初めて保険金受領権をつくり、保険受益権を誕生させた。
これら英国系オフショア金融などの経験を生かして、政治経済のライターとなり、新自由主義の間違いを指摘し、過剰なグローバル経済政策から日本を守るため、政策・法案提案などの政治活動を開始。
2013年6月、まもる会【日本と皇室の伝統文化 をお守りする会】を立ち上げる。
一年後に五千人以上の会員を抱え、全国に拠点を持つに至る。
現在は、一般の方々に向けたセミナー、政治家・官僚を対象とした衆議院会館等での勉強会、法案の提案などを政界内で精力的にこなしている。複数の発明を成し、世界特許を取得。日本社会を根底から助ける新しい金融システムの発明家であり、この発明に基づく事業家でもある。
また音楽活動も再開し、ジャズ以外にも交響曲やピアノコンチェルト、ポップス、ハウス系ダンス音楽、アシッドジャズ、フュージョン、ラテン、サルサ、ボサノバ、バラードなど、幅広いジャンルの音楽を作詞作曲し、ライブ活動を行う。

 

【新着動画】
坂の上零
有機農業ノアの箱舟「はこぶねコミュニティ」を!

ワールドフォーラム「政(まつりごと)を取り戻そう!」
緊急!国憂う講演会 – 第4弾!2018年11月25日(13分16秒)

 

坂の上 零「日本を救い、世界を平和にする2つの方法」
ワールドフォーラム「政(まつりごと)」を取り戻そう!
緊急!国憂う講演会 第3弾/第一衆議院会館 2018年11月5日

 

三橋貴明氏『日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム』
ワールドフォーラム「政(まつりごと)を、取り戻そう!

緊急!国憂う講演会 第3弾/衆議院会館 2018年11月5日

~日本の食糧安全保障農業の未来を考える~

【11.5詳細ページ】
http://worldforum.jp/informations/2018/1105.html

 

パネルディスカッション_ワールドフォーラム「政(まつりごと)
を取り戻そう!緊急!国憂う講演会 第4弾 2018年11月25日

まもる会【日本と安全な農業と食糧、あなたの命をまもる会】

【公式】坂の上零『真実があなたを解放する』ブログ Rei Sakanoue

【Youtube】Channel ZERO 

 


プロフィール:佐倉 直海(さくらなおみ/SUNZ日本創生総合研究所  代表理事/ワールドフォーラム 主宰・プロデューサー/&SUNZ Teamビジョナリスト_コンサルタント)

【新着動画】
「自然共生する伝統文化」む、最先端技術で、地場産業創生!
統合医学医師の会 公開講演会
ワールドフォーラム2011年10月連携企画 特別講演
「子ども達に、安心して残せる国づくり」を!
佐倉直海(LLP国際農業開発事業組合 副代表理事/自然エネルギー・東日本復興ネットワーク 代表)

 

【ご報告】
『免疫革命・新がん革命!はじめて、がんの原因が分かった!』統合医学医師の会 公開講演会
_ワールドフォーラム2011年10月連携企画
安保 徹先生 x 宗像久男先生 x 宇多川久美子先生 × 佐倉直海
【詳細ページ】
http://worldforum.jp/information/2011/10-4.html
主催:統合医学医師の会・統合医学で健康になる会  於:月島社会教育会館大ホール

 

米国大統領変えた!母親 Zenハニカットさん全米活動とは?
佐倉直海 解説_ワールドフォーラム「政(まつりごと)」を
取り戻そう!緊急!国憂う講演会 第4弾!2018年11月25日


【資料】食と暮らし、持続可能な社会を考える、生協パルシステムの情報メディア
はじめよう、これからの暮らしと社会「KOKOCARA」より

2018年12月14日Zenハニカットさん来日院内集会

昨年3月来日されたZenハニカットさんに日本でもマムズ アクロス ジャパン立ち上げて」の要望に応えた再来日院内集会主催者の皆さん誇らしげな喜びあふれる笑顔が、素敵です。参加させていただき、ありがとうございました!

『日本が売られる!』著者 堤美果氏「日米協力して参りましょう!」とZenさんが硬い握手。15年来のご縁を結ぶ「メダカの学校」中村氏の活動にも興味を示されました。
【Green@Earth_PJ】http://mapping.jp/green/contents_gallery/index.html

【朗報】
こうして
ZENハニカット
さんら全米の母親たち
Moms Across America”は、国大統領変えた!

【参考情報_転載】
Moms Across America” ゼン・ハニーカットさんからの緊急メッセージ


https://youtu.be/K4GsuDGx738 (14:51)日本語字幕
※インタビュー by オルター・トレード・ジャパン(ATJ)2016.11.3UP
<1,099回_2019.1.1>

【Step.1】
わが子を救うため、酷い
アレルギーで生死をさまよう苦しみ原因を突き止めた!
尿や母乳に含まれるグリホサート(商品名ラウンドアップ)の検査協力する
母親たち
が、全米各地から現れた!

グリホサート除去有機野菜発酵食善玉菌を増やすと6週間グリホサート不検出に!(これはチェルノブイリ後の放射能排出に必要だった期間とほぼ一致)
④排出後、酷いアトピー学力低下から健康学力を取り戻した息子さんも、来日!

【Step.2】
「お母さんたちが地元でできる運動」
をどうしたら広げられるか考えた!

全米各地
パレードが行われる7月4日(独立記念日)に母親全米連合
「子ども健康を守るため遺伝子組み換えに表示を!」掲げ 全米行進!

 

 

&SUNZとは?
前身は80年代より商品企画開発からマーケティング・広告制作・FMラジオTV番組・TVドラマ企画制作等の傍ら、日本古来の季節祭事に連動した年間マーチャンダイジングと、そのノウハウと連動した工場再建のための地域ブランド創生、日本の生活文化ライフスタイル情報誌 創刊編集長など、佐倉直海の20年に及ぶクリエイター・コピーライター&プロデュース業務及び、欧州~アジア各国の工場技術指導や品質向上、全米ダイレクトマーケティング用大型物流センター視察による物流倉庫移管業務支援を経て「流通を学びなおしたい」大手商社のコンサル、コンサルタント会社首脳のプライベートアドバイサー等の傍ら、「戦わない殺さないゲーム」の制作プロダクションの会社設立プロデュース。精神文化とエコロジーの融合するスピリチュアル系雑誌編集企画&ライターを経て、ワールドフォーラム創設者 故佐宗邦皇氏の要請で業務提携に際し明文化した「SUNZ映像普及委員会」支援活動に端を発す。

3.11後は被災地支援者と共に福島県下の首長らとの協議を重ね「微生物による汚染土壌回復」技術者による有機農業再生新エネルギー最先端技術と伝統技術融合による地場産業活性化ポスト資本主義の循環型経済地域住民主体の地方創生から始まる日本再創生」子ども達に安心して残せる国づくり」として掲げ、現場地権者らの要請に基づく首長の実証事業委託書面を受けるが、放射能汚染土壌を巡る「見えない壁」にぶつかり、日本が「機能不全国家化」している現実を身をもって体験する。その後、自治体首長らとの地方創生・地域ブランド開発などの要請を受けて「SUNZ日本創生総合研究所有限責任事業組合」(LLP)として、2016年に再発足。

「ファミリーネーム&SONS(息子たち)」等 英文で会社名を表す際の伝統的スタイルの音感と日本神道文化的意味あいに「所謂外部コンサル」のビジネスライクな関係を超えた身内的全人的サポート業務で「未来の日本創生を共創する事業組合」のスタンスを「○○&SUNZ」と表記。

【蛇足ながら】

3.11後、頓挫したままの上記一連のテーマ 、プラス「マネーシステム」を引っさげ元気に登場した坂の上氏が当方の来歴など知り「諸々の相談ごと」が始まった時、ワールドフォーラム以外では初めて、&SUNZのスタンスで取り組もうと思った率直な気持ちと伝え、了解のもとに今に至る。
「はこぶね」とは、実は言霊
(ことだま)のことでもある。

「はじめに言葉ありき」からこの世が形成されたごとく、氏の掲げる「はこぶねコミュニティ」の言の葉に「神(=) の息吹」凝りこって三次元界に結実してゆく(ことわり)。万国の自立自尊の志を戦後七十余年の占領政策ゆえか、あえなく喪失してしまった日本人が見失っていた言霊力。その再生しゆくプロセスが、猪突猛進の彼女によって揺さぶり起こされるだろうか。農業への知見も経験値もない彼女が、だからこその無茶ぶり「突破力」で突進し、長らく閉塞観に封印された日本の「見えない壁」が、突破されるのか。ふと、高橋五郎先生の遺言を思い出した。

【追悼】高橋五郎先生『日本の黒幕 本当の闇を暴露する!』
天皇の金塊「ゴールデンリリーの謎」高橋五郎の最後の独演会
2017年2月 http://worldforum.jp/information/2017/02-3.html

 

そういえば今年は、「己亥」(つちのと い)。満々たるエネルギーを備えた大地が次の時代への芽吹きを内に秘める熟成発酵の年。萌え出ずるいのちの息吹に備えよう。

 

もはや日本は合法的隷属国家へ断崖絶壁、さればこそ、「この世は願いの叶う木」(ことわり)が始動する時節到来。。。ともあれ粛々と、前へ

 

↓ご予約はこちらから↓

2月9日「規制概念ガチワリ!」放談会!
【2つのテーマ】

 

【テーマ.1】
昨年
「12月30日に発効」したとされるTPP11環境下、

今、私たちが直面している「危機」とは、如何なるものか?

 

【補足情報】
その後、マスコミは書き立てないので殆どの日本人は、まったく知りませんが、
2月1日に発効と発表された日欧EPA、トランプ氏の狙う日米FTA成果を日本政府が如何なる外交手腕で切り抜け得るのか、まことに懸念はつきません。

 

 

除草剤で末期がんに、米裁判 モンサントに約320億円の支払い
命じる陪審評決
(AFP通信)2018.8.11発信地:サンフランシスコ/米国

 

2018年8月米国カリフォルニア州裁がモンサント社(6月独バイエルが買収)に、
同社の除草剤「ラウンドアップ(成分名グリホサート)」で末期ガンに、との告訴
認め、320億円賠償判決!
※情報源【AFP通信】2018年8月11日 12:58 発信地:サンフランシスコ/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3185756?pid=20421417

【参考】
2018.12.14ゼンハニカットさんの来日院内集会時、約8000件以上の訴訟案件アリと。バイエル社賠償判決により一時、株価が20%以上下落したという。

一日も早く、政府から国民まで正確な情報掌握できるようになることが急務!

 

子どもたちと共に、勝訴を喜ぶジョンソン氏



 

2016年3月20日 WHO(世界保健機構)の外部機関 IARC(国際がん研究機関)は、グリホサートの発がん性について実験動物で証拠ありと発表

情報源【AFP通信】2018年8月11日 12:58 発信地:サンフランシスコ/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3185756?pid=20421417

 

世界の「グリホサート禁止」の潮流に逆行して、日本政府は、2015年3月日グリホサートなど(の枯葉剤・農薬類)を、食品添加物と偽って「大幅規制緩和」の方針を発表し、2017年12月25日に厚生労働省は驚くべきことにこれらグリホサートなど枯葉剤・農薬類の6倍~400倍もの規制緩和を発表しました。

【参考サイト】
<印鑰 智哉のブログ>さんより
http://blog.rederio.jp/archives/3002
「おそらく発がん性がある」と世界中で規制が進むモンサント除草剤の残量基準値を、なぜ日本は大幅に緩和したのか?
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12176-095204/
2018年09月28日 06時20分 週プレNEWS

 

【テーマ.2】

そこから脱出するには、どんな情報や心がまえが必要で
どんな具体的な手法が、あるのか?

 

【実例】
米国の母親連合は、どのように米大統領と米国市場変えたか?
山田正彦元農林水産大臣のワールドフォーラム講演、FaceBook報告より)



全米母親ネットワークMOMS ACROSS AMERICA”
Zenリーダーと米国市場をリサーチ
(山田正彦元農水大臣が米国で撮影/2018.9.11)


ZENさんが「Non GMO!」普及キャンペーンで全米横断したキャンピングカー前で


遺伝子組換えでない「NON-GMO」ラベルを、NPOで独自創りスタンダードに!

母親たちに「買い物するスーパーに行き遺伝子組替えでない商品は?」と聞いて
毎月1万円NON GMO食材を買おう!」と呼びかけ、市場を拡大していった!

売場へ直接アプローチ毎年10% オーガニック売上拡大!
(※Zenさんと交流が深い、山田正彦先生のWF講演より)

全米母親ネットワーク(MAA)が、米国大統領変えた!

米大統領知られざる「TPP離脱」理由は、こうした米国内事情だった!?)

Zenさん12.14来日講演で、「日本米食物市場に、大きな影響力持つ!
連携しましょう!」
と、日本人参加者らに呼びかけました。

 

米国大統領も変えた!全米連合の母親たち。
日米母親が、
力を合わせれば
世界は変わる!変えられる!

 

【新着動画】
『種子法復活 大作戦!』山田正彦先生  ワールドフォーラム
「政(まつりごと)を取り戻そう!」緊急!国憂う講演会 第4弾!11月25日


 

「魂」が共鳴すれば、意識が変わる。
意識が変われば、世界が変わる!
世界は変わる!変えられる!

 


要チェック!↓関連情報、満載!
「政(まつりごと)
を取り戻そう!」Worldforum緊急!講演会
第3弾 115日衆議院会館
講演会
: http://worldforum.jp/informations/2018/1105.html
第4弾 1125日方南会館
講演会http://worldforum.jp/informations/2018/1125.html

2月9日放談会の最後に、
アーティスト坂の上零氏のピアノ演奏もご披露頂きます♪


極めて厳しい状況ですが、

心を楽しく響きあわせながら、前にすすみたいものですね!

 

本年も
「子ども達に安心して残せる国づくり」
粛々と前へ、進んでまいりたいと思います。
引き続き、宜しくお願い申し上げます。

文責 さくら