さくら通信【ご案内/時事コラム】第43号2月15日「春一番」号

                             ワールドフォーラム&SUNZ ご支援の皆さまへ

「春一番」が吹き「旧暦正月」も二日目の候、 皆さまにはご清祥にお過ごしのことと存じます。
伊勢の名所「夫婦岩」の旧家街では、町あげての「お雛さまめぐり」もスタート!


「ひな祭り」は、本来は穢れを祓う季節の行事
ひな祭りは女の子のための行事。女児の初節句にはひな人形を用意し、健やかな成長と幸せを願いながらお祝いをします。日本には平安時代を起源とする「五節句」(ごせちく)という行事があり、季節の節目に身の穢れ祓い健康長寿厄除けを願う風習がありました。

「祓(はら)い」とは?、今でいう「デドックス」!
季節の変わり目の「五節句」(ごせちく)伝統文化の意味は=デドックスって!?

最近では環境が悪化し、子どもの発達障害やアトピー、うつなど耳にするようになりましたが、「季節の変わり目に心と体にたまった(おり=毒素)を祓い」(=デドックスして)、四季折々に子供たちの健やかな心身をはぐくんできた伝統文化の雅びさは、日本独特のものですね!

ひな飾りは「日女(ひめ)の嫁入り支度」の型示しでもあり、お供の者たちやお道具、食べ物まで揃った「雅びな品々」は風雅なままごとのように、大人になっても乙女心をくすぐります。桃の節句の「菱餅」など「お米」は日常からお祝い餅赤飯まで人々の願いを込めた暮らしの文化を彩ってきました。

雅びな「五節句」は心を和ませ癒して「心の(おり)を祓う」(=デドックスする精神衛生にも通じる行事。お祝いのご馳走で家族が成長を祝うのは「子どもが家族に愛されていると実感する」うれしく誇らしいひととき。子どもの心身を健やかに、守ってきた伝統文化でもあったのでしょう。

伊勢神宮の主祭神「天照大御神と豊受大神」が天界から地上に降り(天孫降臨)、民の安寧と豊かさを天の願いとして「五穀豊穣」を授けた「祀り(まつりごと=政)」は「五節句」の心に通じます。

そんな大切な「おが、日本から消えようとしている!」のはご存知でしたか?

 

【「種子法」が廃止された経緯と、問題点:概要(wikipediaより抜粋)
—————————————————
【1】「種子法廃止法案」成立経緯と問題点とは?
昨年4月1日に、「森友問題」の陰で、充分な審議が行われないまま成立した。昨年3月23日、国民の注目を集めた「森友問題」で午前午後に渡って衆参両院の予算委員会で「籠池氏証人喚問」が、開催された日の同時刻、国会衆参両院での農林水産委員会で、先だって閣議決定されていた「種子法廃止法案」が審議され委員会承認されて衆参両院の本会議へ送られました。続いて衆参両院の本会議でわずか5時間づつ審議されたのみで、日本国民が殆どだれも知らないうちに両院で可決され4月1日成立しました。1年後の今年、4月1日より日本人の主食である米など「主要農作物の種子」を守ってきた法律が廃止されてしまいます。

【2】「種子法」とは?
正確には主要農作物種子法といい、日本人の主食である米や麦などの優良な種子生産および普及を促進するために制定された日本の法律。サンフランシスコ講和条約が発行された翌月である1952年(昭和27年)5月に制定された通称種子法は、2018年(平成30年)4月1日をもって廃止された。

【3】「種子法廃止法案」をめぐる論議とは?
政府は種子法について「既に役割を終えた」「国際競争力を持つために民間との連携が必要」と説明[1]廃止には種子生産に民間企業の参入を促す狙い。しかし一部企業による種子開発や品種の独占[1][2]、「稲などの種子が多国籍企業に独占される」[3]、「多国籍企業に日本の食料を支配されることにつながり、これら企業の世界食料支配戦略に加担することになる」[4]、「食料主権が脅かされかねない[5]、など、各方面からの強い懸念が提示されている。

※「日本農業新聞」記事:「種子法廃止に地方から懸念 国会へ意見書50件超」 (2018年03月30日) 県令や市条例などで、「種子法」に変わる法案が独自採択された自治体も。
—————————————————
【「種子法廃止法案」成立経緯と問題点、以上】

 

月刊日本 2月号増刊『日本のお米が消える』表紙・一部記事抜粋

日本のお米が消える』表紙/安田節子先生/菊池英博先生(金融財政学者)
950円↑↑

===================

2月23日ワールドフォーラム未来塾
「いのちと種子を守る!」講演会-Ⅱ

元農林水産大臣 山田正彦先生や、参議院外交防衛委員会筆頭理事/元財務副大臣
藤田幸久先生
さらに「特別ゲスト」をお迎えして開催します!

2月23日(金)ワールドフォーラム未来塾
「いのちと種子を守る!」【緊急!】講演会-Ⅱ

—————————-プログラム—————————-
17:00 開場 受付開始 ~サイン会・書籍、DVD 販売 ~受付ロビー
【第一部 講演】17:30~19:00
17:30  開演/主催者挨拶 (5分)

講演山田正彦 先生/元農林水産大臣・弁護士         (60分) 
17:35~18:30

「日本のお米が、消える!」(「月刊日本」2月増号)サイン会!
  ゾンビのように蘇ったTPP。3月8日チリで「TPP11署名式」とは!?
誰も知らない「TPPを上回る、TPP11の新たな危険性」をつぶさに解説!
「農業は、モンサントに支配される」
種子法に変わる「法律を作る」という手があった!
~生産者と消費者を結び、日本の米を守る!~超業界リレー始まる!

講演藤田幸久 先生/参議院外交防衛委員会筆頭理事・元財務副大臣 (50分)
18:30~ 19:20
                                             

トランプ政権と軍産複合体は、この流れにどう関わってきたのか!?
グローバリズム完成へ?TPP補完「国内法」としての「種子法廃止法案」
ささやかれる金融危機世界を見渡し「金融危機」の実態を明かす!

19:20 ~19:40  休憩(20分)/書籍&DVD販売・サイン会           (20分)

鼎談山田正彦 先生 × 藤田幸久 先生 × 特別ゲスト!
進行:佐倉
 (70分)

特別ゲストのご紹介!(藤永マキさん
「日本のいのちと米を守る!」もう始まっている、女たちの国民運動!」
「冗談じゃないよっ!」母たちの決意に、迷いなし!!
市民メディア「バクロス」TV、列島を走れ!野火のように

20:55  終了のご挨拶(5分)                 21:00終了

 


2月23日(金)ワールドフォーラム未来塾開催概要
——————————————-
【第一部/講演
山田正彦 先生/元農林水産大臣・弁護士

藤田 幸久(参議院議員・参議院外交防衛委員会筆頭理事/元財務副大臣)

書籍販売・サイン会】~ 休憩 ~ (20分)

第二部/パネルディスカッション
山田正彦 先生・藤田幸久 先生+市民メディアを担う、女性たち
(広島のお母さんチーム発!全国に広がる「バクロス」TV!)

——————————————————
日時:2月23日(金)受付17:00  開演17:30~
会場:杉並区 「方南会館ホール」
(160席)
交 通:東京メトロ丸の内線「方南町」駅 出口1番より、徒歩5分
地 図:
goo.gl/ieSpD7
住 所:東京都杉並区和泉4丁目42番5号 TEL:03-3311-4201
詳細&申込みページ:
http://worldforum.jp/information/2018/0223.html
——————————————————
地図:最寄りの丸の内線「方南町」出口1番~会場「方南会館ホール」まで


詳細&お申込みページhttp://worldforum.jp/information/2018/0223.html

2月23日講演会チラシ↓:<ダウンロード & 印刷用>
http://worldforum.jp/pdf/wf20180223.pdf
【講師】

山田 正彦 氏(元農林水産大臣・弁護士)
「食と農といのちを守る」超業界リレー

八木岡 努 氏(JA水戸組合長/新世紀JA研究会 代表)「日本の種子(たね)を守る会」会長

藤田 幸久 氏(参議院議員・元財務副大臣/世界百カ国以上でホームステイ体験の国際NGO出身国会議員)

 

世界をグローバリズムが席捲し、全世界的に「格差社会化を推し進め」てきたのを身をもって知る第一人者のひとり。


—————————

~「新嘗祭」執り行う天皇陛下に、遺伝子組替え米をおつかい戴くわけにはゆかぬが道理 ~

※「新嘗祭」(にいなめさい)は、五穀豊穣を天に感謝するまつりごと(収穫祭)として古来全国各地の神社で宮司が祭祀を執り行ってきました。大自然そのものを八百万の神々として敬う神社文化の最たる行事です。

常に国民の幸せを祈られる天皇皇后両陛下は年間約20件近くの祭儀を宮中祭祀として行われています。なかでも「新嘗祭」は最重要の祭祀であり、新しく天皇祭祀を引き継ぐ「御位」を引き継ぐ祭祀も「大嘗祭」(だいじょうさい)。

この祭儀によってはじめて「天皇祭祀を行う御位(みくらい)に就かれる祀りごと」が成就します。

【「種子法廃止」これまでの経緯:ふりかえりレポート】

【1.最新情報】
2018年2月2日「TPP違憲訴訟、控訴審の判決」棄却、判決

山田正彦先生の2月2日配信コメントより、抜粋転載>
昨日(2月1日)、TPP違憲訴訟、控訴審の判決が言い渡されました
残念ながら「棄却」です。
(中略)
国側も私達の主張に対して、次回それに反論すると述べたのに、控訴審は反論、証拠調べもせずに、いきなり結審したのです。
ところが、控訴審の判決理由では、
種子法の廃止がTPPが背景にあることは否定できないが」と、TPPとの関係は認めたのです。これは、私達にとっては思いがけない、画期的な判決だと思います。

TPP協定と連動する「種子法廃止法案」は、日本の農業を一変させます。
(中略)
既に遺伝子組み換えのコメの種子も、政府が承認しているだけで70種用意されています!これは私達の「食の安全、憲法上保障されている健康権や、タネ場農家の営業の自由を損なう憲法違反」にあたります。
<山田正彦先生の2月2日配信コメントより抜粋転載、以上>

 

2月23日(金)ワールドフォーラム未来塾
——————————————————
【緊急!】「いのちと種子(たね)を守る!」講演会-Ⅱ
「種子法廃止法案」を超えて、「食と農といのちを守る」超業界リレー
「遺伝子組換え食品表示」を残し、安全な「食」を未来の子ども達へ。
——————————————————
山田正彦 氏(元農林水産大臣)、藤田幸久 氏(参議院議員・元財務副大臣)
八木岡努 氏
(JA水戸組合長・新世紀JA研究会 代表・日本の種子を守る会 会長)
詳細&お申込みページ:http://worldforum.jp/information/2018/0223.html

 

【2.昨年開催ワールドフォーラム講演会-Ⅰ】
2017年10月22日ワールドフォーラム未来塾
「いの
ちと種を守る!」講演会-Ⅰ
世界に拒絶された遺伝子組み換え食料が、日本市場に雪崩込む!?

山田正彦氏(元農水大臣)x岡本よりたか氏(無肥料栽培農家)
「不自然な食べ物は、いらない!」
【詳細ページ】http://worldforum.jp/information/2017/10b.html

 

【3.昨年開催イベント-Ⅱ】
2017年12月16日-17日「未来への種子まきカフェ」けやきの森 季楽堂
主催:日本の種子(たね)を守る会

 

【4.昨年7月】
2017年7月3日「日本の種子(たね)を守る会」設立総会_議員会館

「種子法」に代わる法律を!
「JA(農協/生産者)」と「生協(消費者)」が連携し、国民運動へ

【6.昨年5月TV討論】

【種子法廃止法案とは何か?】桜チャンネルが昨年5月に「討論」開催

【討論】種子法廃止は、日本農業を滅ぼすのか?[桜H29/5/20]
https://youtu.be/3Sn3FB_6VHA

安倍政権の政策には一貫して肯定的だった「チャンネル桜」も、流石に
「日本の国家存亡の危機」と事態を重くみたのか、採決翌月の昨年5月には、
前述の山田正彦元農水大臣はじめ、識者を集めて【討論!】番組を放映

※関連情報満載のページを発見!↓
【TVで言わない!これはやばい】主要農作物種子法廃止について
https://matome.naver.jp/odai/2149078213796802501
(更新日: 2018年01月25日)

【「種子法廃止法案」への専門家の見解】
「種は、誰のもの?」「種子法」廃止で、日本の食はどう変わるのか

――種子の専門家に聞く 西川芳昭(にしかわよしあき)龍谷大学教授
http://kokocara.pal-system.co.jp/2017/05/29/seed-yoshiaki-nisikawa/
龍谷大学経済学部教授。1960年奈良県生まれ。京都大学農学部卒業後、バーミンガム大学大学院植物遺伝資源および開発行政専攻修了。国際協力機構、農林水産省、名古屋大学大学院教授などを経て現職。専門は農業・農村開発、農業・資源経済学。主要作物種子法廃止法案においては、参議院農林水産委員会で行われた審議に野党側参考人として招聘された。『奪われる種子・守られる種子』(創成社)、『種から種へつなぐ』(創森社)など編著書多数。(2017年5月29日)

 

マスコミで全く報道されないまま、廃止法が成立された「主要農作物種子法」
長らく日本人の主食を守ってきた重要法案ですが3月末で廃止され、失効します。
同時に2018年4月より、廃止法と関連法案が施行(=法令効力発生)。

私たち国民が知っておかなければ、未来の子供たちすら守れなくなる懸念
識者らに指摘されています。あなたの大切なご家族の未来を守るため

この期にぜひお誘い合わせの上、お運びください。

 

はからずも昨年11月に急逝された、高橋五郎先生の「最後の遺言」は

「日本人が、戦後70数年も居眠りしていて申し訳なかった」と目をさますとき。
   オールジャパンでやれば、いいんです。
   日本が決めれば、いいんです」

・・・その言葉の意味を思う、今日この頃です。

今、私たちに問われているのは、そんな「当たり前」を取り戻すことなのでしょう。
「子供たちに、安心して残せる国づくり」
これからも皆さまと共々に求め、ほがらかに精進してまいりたいと存じます。

 

【2月23日ワールドフォーラム未来塾・開催概要】

2月23日(金)ワールドフォーラム未来塾
【緊急!】「いのちと種子(たね)を守る!」講演会ーⅡ
———————————-

「種子法廃止法案」を超えて、「食と農といのちを守る」超業界リレー
「遺伝子組換え食品表示」を残し、安全な「食」を未来の子ども達へ。
「背水の陣」で、生産者と消費者を結び守る!新世紀JAの挑戦とは?
1月26日ダボス会議で、トランプ氏「TPP復帰検討」演説!その真意は!?

詳細&お申込みページhttp://worldforum.jp/information/2018/0223.html

<最新チラシ:TOP>
—————————
以上

【お知らせ】

【1】◆1月28日「新春を寿ぐ会」ご参加者さまへの【朗報】です◆

直前ご案内でもお伝えの通り、1月28日「新春を寿ぐ会」ご参加の皆さまには、
「サロン ドゥ コロナ」の「ナノミストサウナ『ナノリッチ』無料体験」プレゼント!

この機会をお見逃しなく、美と健康のためにご活用なさって下さい。
ただし必ず、「事前のご予約」が必要です。お電話で日時をご予約の上
お運びください。→ 「サロン ドゥ コロナ」TEL:03-6416-4765
◇地図:http://www.salon-de-corona.com/map-print.html

【2】◆言霊神魂(かも)すソプラノ歌姫 松木貴子マリア先生
「言霊・母音(ことだま・ははおと)ボイスヒーリング」講座
クリックでご案内チラシ☆↑>
3月から代官山「サロン ドゥ コロナ」で始まる連続講座が、楽しみです

マリアさんのボイスヒーリング講座を初めて受講される方にも
「ナノミストサウナ『ナノリッチ』無料体験」プレゼント!
講座とサウナ体験ご予約も「サロン ドゥ コロナ」まで。TEL:03-6416-4765

<お知らせ、以上>

「春一番」の翌日には、少し冷え込むこともあるそうですが
皆さまの益々のご健勝とご多幸を、お祈り申し上げております。

会場にお運びの節には、お気をつけてお運び下さい。

文責 さくら